昔々の巻
1


 夜がふけるほどに雨足は強くなり、 雲太(ウンタ)は困ったものだと考えた。渡しの村で屋根を借りることは出来たが、今では風さえひどくなりつつある。この様子では明日も大いに海は荒れ、船は出ないだろうと嘆息した。
 ただ、土座(ドザ)に敷かれたワラはまだ新しく、立ちのぼる匂いには晴れた野を思い起こさせる心地よさがある。ここを見つけることができなければ雨ざらしとなる旅の身だけに、船出の遅れはこの心地よさと引き換えに諦めるしかないだろうとひとりごちた。そうして傍らに積み上げていた薪の中よりひと枝、掴み取る。先で、囲炉裏の火を突いた。とたんガサと折れて灰に伏す薪は、 (タマ)も抜けてずいぶん黒い。宿る炎も小さく、消してしまわぬよう雲太は手元の薪も投げ入れた。ならくべられた薪の居所を探って炎は、揺らめくままに息を吹き返し、雲太の額を、土座の少し離れたところに並ぶ小さな足裏を照らし出してゆく。
 そんな炎にくすぐられでもしたかのようだ。向けられていた足が、指でもう片方の土踏まずをコリコリと掻いてみせた。それがいくらか前に横になった 和二(ワニ)のものであったなら、見て取った雲太は口元をほころばせる。隣には京三(キョウサン)も休んでいるハズだったが、明かりはそこまで届いていない。ただつられたように雲太も頭を掻くと、後ろでひとつに結い上げた髪をすき、伸びたもみあげをなでつけた。
 さて、聞かれて返す時はどれほど首をひねられようが、雲太はいつもこの和二と京三のことを兄弟だと言っている。名が示すように、一番兄は「太」のつく雲太だ。風貌も名付け親が念じた通り、わき立つ雲がごとくずんぐりしている雲太には、ぴったりの名であった。相対して京三はといえば、すらりと手足が長く、見てくれも女に似て色も白い。くわえて和二は先ほどの仕草が微笑ましく見えるほど、雲太らとは歳の離れた 男子(オノコ)であった。つまるところ名に「二」がつきながらも和二が末っ子で、「三」がつきながらも京三が次男坊となる。少々風変わりであることは否めなかったが、三人はこれでも 同胞(ハラカラ)であることに間違いなく、案内されたワラぶき屋根の 副屋(ソエヤ)には、兄弟のほか今は誰もいなかった。
 火もつなぎ終え、眠る兄弟を傍らに雲太はさて、と考える。
 明日の心配は照る日のご機嫌次第だとして、屋根を借りてかけあった村の (オサ)と話が通じたのは、何も身の上を哀れまれただけではない。それこそが授かった天命というものだ。引き換えに雲太らは成すべき (ワザ)の約束をしていた。
 だが気配はまるでなく、新たにくべた薪も囲炉裏の中で色を変えようとしている。
 このまま出る幕がなければ、宿の礼は別のかたちでせねばなるまい。考えながら雲太もまた、そこへごろりと横になった。ついた片ヒジに頭を乗せて目を閉じる。雲太の頭側で不意と雨音が大きさを増したのは、まさにその時であった。


トップへ