尽きぬ富 の巻
74


 ばさばさ。
 吊られていた布が、ダイボウの重みで落ちた。覆われていた板壁は、おかげで京三の前にあらわとなる。光景に、大国の者さえもが、あ、と息をのみ、頭から布をかぶったダイボウは、ひゃぁっ、高い声を上げる。聞きつけ大国の者らはダイボウ様、とその名を呼んで駆け寄っていったが、嫌うダイボウの動きは驚くほどに早かった。
「いやぁっ、見ちゃだめなのよぉっ!」
 かぶった布の中から飛び出すが早いか、大きな尻を振ってむき出しとなった板壁へしがみつく。そこに何が、と思えば京三の目は寄ってゆき、ならばまた、がたん、音は鳴っていた。
 扉だ。
 かばい、ダイボウはしがみついたようだったが、どうやらここでもそのダイボウが重すぎらしい。耐えきれずぽろり、扉は板壁からはずれて落ちる。
「あ、や?」
 抱えたままでダイボウもまた、床へころり、転がった。
 とたん扉の奥は丸見えとなり、板壁をくりぬき設えられたそこに一人、ボロをまとった小さな痩せ男は目を丸くして立っている。
 その目と目が合っていた。
 京三は、え、と息を止め、向けて痩せ男はこう口走った。
「いやん、このばか鼠が。戻らなくても、ばれちゃったのねぇ」
 やおらいそいそ、窪みから抜け出す。えい、と転がったきりのダイボウへ指を突きつけた。ならダイボウの体からもわん、と黒いすすは舞い上がり、あれよあれよで手足は小さく縮んでゆく。あっという間だ。直垂の中へ消え去った。ただ奥から、ちう、とか細い鳴き声は聞こえてくる。何が、と京三の目は直垂へ寄っていった。すると中から鼠は一匹、這い出してくる。
 目の当たりにした大国の者らが、ひゃぁっ、と叫んで腰を抜かしていた。鼠は鼠で烏帽子を蹴飛ばすと、恥ずかしげにちうちう、鳴いて、離れを外へ逃げ去ってしまう。
 見送れば和二に京三とて、もう唖然とするしかなくなっていた。その目をやがて京三は、ボロをまとった男へ向けなおす。
「もしやそなたは」
 思い当るままを、指を突きつけ言い放った。
「貧乏神っ!」
「当たりぃ」
 食らった男が臆面もなく唱えて声を高くする。
「銅銭をこさえ、市を我がものと治めておったものを。もはやこれまでぇ」
 その身をゆらゆら、揺らしはじめた。
「そ、そんなっ、まさかっ!」
 などと叫んで這い寄って来たのは、上り口で京三らを迎えた男だ。
「大国を、市を仕切っておったのがこのような貧乏神であるなどとっ! ならばこのシソウへ力をお与えくださるというお話は、あのお約束はっ、どうなってしまのですかっ?」
 すがり、訴える。
 そうして明かされた名に、京三は咄嗟と男へ振り返っていた。
「あ、あなたが、タカの旦那のシソウなのですか?」
 しかしうろたえるシソウに、かまう様子はない。貧乏神もまた、そんなシソウを笑い飛ばす。
「ふ、は。愚かなりし野の者らよ、これからは、かすみを食らって生きてゆくがよいぞぉ」
 それきりぬし様ぁ、とうめいて陽炎がごとく、貧乏神は消え去ってゆく。なら、ぷしゅぅ、と気抜けた音は聞こえて、何事かと皆の目は辺りを探って頼りなげと泳いだ。たちまちとらえて、和二が京三の袂を指差し示す。
「けいにいっ!」
 はっ、と気づいて京三も、己が袂へ目をやった。なら一筋、袖口から黒い煙は立ち昇っている。慌てふためき京三は立ち上がると、袂を裏返そうと手を差し入れた。だが燃えているのだとして、これがまったくもって熱くない。わけが分からず、そのとき指に触れたものを袂から掴んで出した。あ、と短くうめいて、京三は顔をしかめる。それは雲太の投げてよこした銅銭だ。銅銭は今や砂がごとくさらさら崩れると、その形をもう半分にして、残る半分を真っ黒いすすに変えていた。
「けがらわしいっ!」
  叫んで京三は、銅銭を投げ捨てる。銅銭が床で転がることはない。残る半分もすすに代わると、さぁっ、と散り消え、軽々空へ飛び去ってしまう。入れ替わりとそのとき悲鳴は、そんな表から飛び込んできていた。
「まさか」
 思わずにはおれない。なにしろ市に銅銭は、この一枚ではないのだ。
「和二っ!」
 呼びつけていた。それだけで全ては和二へ伝わったらしい。体中をしならせ和二も、ぴょんと床から跳ね上がる。
「がってんっ!」
 二人はたちまち、床を蹴りつけ駆けだした。つい立の前で腰を抜かしたままの大国の者らを飛び越え、渡り廊下へ躍り出、巡って来た床板を辿りなおすかと足を繰り出し、わずらわしくなって、えい、とそこから地面へ飛び降りる。懐から取り出した履物を足の指へはさみなおすと、通りを目指して中庭のようなそこを走った。
 ままに、祠をやり過ごす。池をかすめ、再び大屋根の下へもぐり込んだ。入って来たとき目にした台を傍らに、垂らされた赤い布を払いのけ、ついに通りへ躍り出る。
 なら通りは相変わらずの人混みであった。だが京三が睨んだとおりだ。今や大屋根のあちこちから、行き来する者らから、ムシロの番をする者の荷から、数多銅銭はすすと化してもくもく、むわむわ、火事の煙と立ち上っているではないか。惜しみ人々は悲鳴を上げると、今や通りを追いかけ走り回っていた。
「やはりっ!」
 見回した京三はきつく奥歯を噛みしめる。舞い上がるすすを追いかけ、視線を空へ弾き上げた。そこに嵐の前と市の空を暗く淀ませ、すすは黒雲と寄り集まっている。それは何やら形を成そうとしているらしく、そぞろにうごめき、やがて空に太い胴を浮かび上がらせていった。そこから四本の手足はぬうう、と生えてくる。首がさらに前へ突き出し、反対側から揺れる尻尾も伸びていった。果てに、首の先に大きな頭が現れたなら、二本の角は右、左と生えそろってゆく。
 落とす影が、市をのみこんでいた。今だ立ち昇るすすを吸い込むその大きさは、黒山のごとしだ。牛は一頭、市のただ中に姿を現していた。
 あまりの大きさに見上げた京三の口は、開いたきりとなっている。だがこうしてはおれまい。つぐんで両目へ力を込めた。
「和二ぃっ、参りまぁすっ!」
 放ち、腰から剣を取る。かざして柄頭から布を引き抜くと、牛めがけ、精一杯に鈴を鳴らした。合わせて和二も手を打ち鳴らせば周りで風は巻き起こり、たちまち灯った和二の手の光の奥から、にゅうう、とそれは現れ出でる。
 阿の獅子だ。
 頭を振ってたてがみを整えると、太い前足で空を蹴り、迷わず牛へ蹴上がっていった。だが近づけば近づくほど牛の大きさは際立つと、獅子は子猫と縮んでゆく。それでも獅子が臆することはない。牛の鼻先へ、勇猛果敢と飛びかかっていった。嫌って牛は頭を振り、獅子は蚊トンボと弾き飛ばされ身をひるがえす。
 どしん。
 そのさい踏み変えられた牛の前足が、つられて動いた後ろ足が、大屋根を木端微塵と踏み潰していた。京三らの前でぼう、と木切れに砂埃は吹き上がり、あおられ叫び声もまた大きくなる。もう、腰を抜かしていた者さえすくっ、と立ち上がるありさまだ。誰もが血相を変えて市から逃げ出していた。
 逆らい、立ち尽くして、京三と和二は獅子の奮闘を見守る。だが己の出した獅子だ。和二は早くも、この勝負を見極めたらしい。
「おいらじゃ、おいらじゃ、だめなんだぞぅっ! うんにいがいないと、だめなんだぞぅっ!」
 それでもあきらめず獅子は牛へ飛びかかってゆく。
 牛は、もおお、と重い鳴き声を響かせ、どしん、また繰り出すヒヅメで新たな大屋根を踏み潰した。逃げ惑う人々の上げる悲鳴が波と京三へ押し寄せ、囲まれ京三は、ぎゅうっと唇をかみしめる。その目を逃げ惑う人から人へ、走らせていった。
「雲太、雲太はどこですっ! どこへ行かれましたかっ!」
 べきべき、とまた、大屋根が、潰れゆく音を容赦なく響かせる。
 ならそんな音と牛の足取りに追われるかのごとく、であった。そのとき玉虫色の衣は、手前の大屋根から転がり出てくる。
「雲太っ!」
 見定め京三は、押し流すような人をかき分け走っていった。  

トップへ