尽きぬ富 の巻
75


「雲太、ここにおられましたかっ!」
 息せき切って辿り着き、京三は呼びかける。
「よくお聞き下さい、雲太。ダイボウ様は、市へダイコク銭を放っておった貧乏神の操る鼠っ! 正体を知られたがゆえ、ダイボウ様も貧乏神もすでに消え去りました。おかげでダイコク銭だけが貧乏神の祟りと残り、このような暴れ牛の姿にっ! 雲太っ!」
 声にいっそうの力を込めた。
「和二の塩だけではたりません。一刻も早く祓いをっ!」
 剣を突きつけ雲太を促す。
 そこへよたよたと、姿を現したのはつくしだ。追いついた和二がすぐにもその手を取り、手繰り寄せたつくしが和二の耳へ何をや吹き込む。うなずく和二はしかと心得た様子だ。早いか二人は手に手を取ってあらぬ方向へ駆け出していった。
 だが目もくれず、雲太は空を見上げる。
「何を言う。わしのダイコク銭だぞぉ。わしの銭が、銭が、みんな吹き飛んでしもうたんだぞぉ」
 嘆く声は頼りない。
「のう京三、わしは明日から、どうすればいいのだぁ」
 言って振り返った顔など、もう見ておれないほどに情けなかった。
「何を言っておられるのですか、目を覚ましなさい、雲太っ! よいですか、過ぎたるは及ばざるがごとしっ! これまでダイコク銭がなくとも、わたしたちはどうにかやって来れたではありませんか。そもそもどれだけダイコク銭があたったとして、幸せになれぬ時はなれぬのです。御覧なさいっ!」
 仁王立ちと、通りを指さす。
「それが今ですっ! わたしたちは銭で得られぬその幸せのため、ここまで苦労してやってきたのです。そのような幸せ満ちる国造りの手伝いにこの身が選ばれたことを誇りと思い、ここまで励んできたのですっ! 食うために、楽しむために、やってきたのではありませぇんっ! そのわたしたちが銭を追いかけこの場をおさめずして、一体、誰が逃げ惑う者らを助けるのですかっ! 誰に明日が、訪れるというのですかぁっ!」
 声は、騒がしいはずの市にさえわんわん、響き渡っていた。だが性懲りもなく雲太は、しかしわしの、とむずかり続ける。もう京三に言葉はなかった。その体が小刻みに震えだす。震えるままに京三は、ぐぐぐ、と拳を握りしめていった。
「いい加減に、しっかりぃっ……」
 その声は地を這い、引きずりぶん、と拳を高くと振り上げる。やおら両目をくわ、と見開いたかと思えば、持ち上げたその高みから、京三の拳は雲太の横面めがけて一直線に振り下ろされた。
「なぁ、さあぁいっ!」
 みごと、京三の拳は雲太の頬へ深くめりこむ。ごり、と鈍い音は鳴り、相撲を取った時ぴくりとも動かなかったはずの雲太の体は、みごと軽々、宙を飛んだ。それきり雲太はどうっ、と通りへ仰向けに落ち、うーん、と鈍いうめき声を上げる。
 聞きながら京三は、はあはあ、荒い息を繰り返していた。
 その前ですかさずざばん、と水は飛ぶ。
「どうだ、うんにいっ、目が覚めたかっ!」
 立ち去ったのはそれを都合するためだったらしい。甕を手にした和二が、雲太の顔へ水を浴びせ吠えていた。ならつくしもえい、と飛び跳ね振りまく。
「どうか、しっかりっ!」
「わひゃ」
 が、外れてことごとく京三がかぶったとして、つくしは見えていないのだから仕方ない。ままに甕を投げ捨て雲太の元へ、つくしは走った。
「雲太さっ!」
 はずが、これまた見えていないのだから、当の雲太につまずき、ばたん、その上へ倒れこむ。だがつくしはへこたれない。そこで拳を握りしめた。這いずり、雲太の体へすがりつく。握った拳で辺りかまわずぽんぽん、雲太を叩きつけた。
「雲太さはっ、つくしの旦那様はっ、そのようなお人ではないのですっ! つくしを助けて嫁にもろうてくださった、国造りに励まれる、優しい、立派なお人なのでございますっ! 早く元へお戻りくださいっ! 悪いものがついておるなら、大事な雲太さから早く出ていっておしまいなさいっ!」
 なお力を込めえいえい、雲太の顔さえ叩きに叩く。おかげで雲太の体は頭の先までぐらぐら揺れると、もわん、それはつむじより吹き上がった。眺めて和二が、お、と頬をすぼめ、京三も、や、と目を見張る。なら雲太のつむじよりすすは尾を引くと、たがわず牛へ飛んで行った。やがて雲太は誰もの前で、うっすらまぶたを開いてゆく。
 瞬いた。
 そうして見回した雲太の目に広がる芦原の野は、だからしていつもとおりと素朴な色あいである。しかし拳は止まず次々と雲太をなぶり、醒めたからこそ雲太はしかと、その拳を受け止めてみせた。
 驚きつくしの顔が持ち上がる。
「雲太、さ?」
 答えず雲太は、つくしもろともその身をゆっくり起こしていった。言ってやらねばならぬとつくしへ、その口を開く。
「ようわしを叩いてくれた。つくしにも礼を言うぞ」
 つくしの目はよりいっそう大きく見開かれ、残して雲太は立ち上がる。やおら玉虫色の衣を、その下の衣を、ひと思いに脱ぎ去った。
「もう一杯だ、和二ッ。穢れを祓うぞ、わしへかけろッ」
 張った声は大きく、驚くどころか笑みを浮かべて走り去る和二の足は、そのとき風となる。あいだ京三はつくしを引き寄せ、戻った和二は、せいやで雲太へ水をぶちまけた。ぶるぶる、雲太は頭を振り、ぱしぱし頬を、両手で叩い気を巡らせる。これでようよう正体が戻ったような心持ちだ。雲太は、じんじん痺れる頬をすぼめ、その目を暴れ牛へ持ち上げていった。
「待たせたな、京三ッ」
「遅すぎますっ!」
 答えてかざした剣を、京三は振る。
 響く鈴の音はきっかり、三度。
 絡めて雲太も、広げた両手を打ちつけた。
 たちまち雲太の手より一陣の風は吹き出し、逃げ惑う人もあらかた走り去ったわびしい通りを、砂埃は舞って駆け抜けてゆく。追いかけ、ぶちまけられた水が宙へふわり、と浮き上がっていった。じう、と滅して雲太の手へ光は宿り、開けば手のひらに刻まれた鳥居の奥より塩はぽつぽつ、吹き出してくる。伴い乗しかかる重みにずる、と雲太の足は地を滑り、堪えて雲太は腰を落とした。
 とそれは見えぬが、目の当りとしたつくしが口をああ、と開いた時である。
「お空から……、お空から降りてこられますっ!」
 むりむりと雲太の手より、角髪に結われた髪は姿を現していた。その髪に挿された穀の穂が、優しげと揺れている。やがて五穀豊穣の神、 瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)は現れ ()でた。
 勢いに雲太の足はなおずずず、と滑り、堪えて雲太は身を丸める。なら瓊瓊杵尊は穏やかな眼差しのまま牛を見つめて雲太の手から、ゆらり、ゆるゆる、身を引き抜いていった。稲穂を揺らし、萌木色の衣をなびかせると、ふわり野へ降り立つ。ままに、花びらでもつまむようにつけた三本の指を、口元へとあてがってみせた。
 親指の腹が、人差し指と中指の腹をさすっている。
 そこへふう、と息を吹きかけた。
 なら指の間から小さな何かは次々と飛び出して、風に乗ってくるくる舞う。舞って牛の体へひっついていった。
 見る間にそこから、芽は吹き出す。
 種だ。
 気づいた雲太らの眉は跳ね上っていた。
 その間にも、芽吹いた緑はどんどん背丈を伸ばしてゆく。それはもう、市中であった。瓊瓊杵尊が飛ばしに飛ばした種という種は、立ち昇るすすの帯に、踏み潰された大屋根に、通りの至る所へ吸いつくと、緑をどんどん茂らせてゆく。
 その根に絡まれ、牛の動きが鈍っていた。やがて足が地に縛りつけられたなら、引き剥がそうと牛は懸命に首を振るが、かなわない。鈍い鳴き声は市に響き渡り、緑はそれさえ途切れさせると、牛を隅々まで覆っていった。覆ったところから土くれへ、牛の姿を変えてゆく。ついに鼻の先までもが覆い尽くされたなら、市のただなかに牛はこんもり小山と鎮まっていた。
 しかし緑の勢いだけは止まらない。夏を迎えたかのごとく、その後も青々と葉を輝かせた。そこに小さな花をつけ、落として根元を膨らませる。
 見る間に辺り一面だった。
 辺り一面は、黄金色に染まってゆく。
 頭を垂れた穀の畑へ、変わっていた。
「なくした財の代わりです。みなで刈って、お分けなさい」
 吹く風に市中がざざざ、と音を立てていた。
 瓊瓊杵尊は満足げと促し、その見事な出来栄えにも、すっかり秋めいてしまった風景にも、雲太らは、雲太こそ目を見張る。なぜなら雲太の目の中で市は、そのときまこと錦と光り輝いていたからだ。すすと消え去るはずもない頭を垂れた確かな財は、どこまでも輝き広がっていたのであった。

トップへ