さらば三兄弟 の巻
77


 うららかな 日和(ヒヨリ)とはこのことか。シソウと別れて進む雲太らに日は暖かく、道は穏やかと伸び続ける。転げた岩が道を塞ぐこともなければ、誰ぞ手入れをしておるに違いない、急な登りに足場は組まれて雲太らの歩みを助けていた。おかげで枝も払われた山は日を入れ、吸い込んだ葉が 瑞々(ミズミズ)しく輝くのを眺める。ともない道行を見守り建てられた祠も多いようだ。出会うたび雲太らは手を合わせ心を強くし、歩き始めて市へ向かう者らとすれ違い、互いに互いの通って来た道を教え合うのだった。
 くわえて市ではようよう心配をかけた雲太だ。罪ほろぼしに、和二と京三の荷物を担ぐことにする。加えてつくしを負ぶさり歩けば、その気遣いに和二と京三は大いに喜び、つくしは恥ずかしげとねぎらいの言葉をかけるのだった。そしてそれが雲太の心を軽くしたことは言うまでもなく、出雲への道行はこれまでにもまして賑やかとなる。
 そんな四人が頂へ辿り着いたのは、山へ入ってから三日目の昼頃か。いくらか続いた下りに気づかされてのことだった。いきさつはどうも拍子抜けでならなかったが、もうひと踏ん張りするのであれば休んでおくにこしたことはない。雲太は背からつくしを下ろし、和二と京三もほどよいところに座り込む。それぞれに竹筒をひっくり返すと、水を食らって一息つくことにするのだった。
 さなか思い出したように荷を探ったのは、京三だ。やがてあった、あった、と小魚の干物をみなの前に取り出してみせる。
「市で塩をすくっておった方から、いただいておったのです」
「ほう、珍しい」
 雲太はのぞき込み、きっと塩と交換してくださったのですね、と掲げて京三もまた感謝を示した。みなへ差し出せば、ここでも一番に小魚をつまみ上げたのは、和二だ。ぱくり、かぶりつくが早いかぱりぱり、と歯切れのいい音を立てて食らう。
「骨も食べられるのだ」
 なら手を合わせてどれどれ、と雲太も口の中へ放り込んだ。
「確かに、気にならんな」
「むしろ骨がおいしいです」
 おっつけ京三も口にして添えた。
 それから先はイナゴの時と同じだ。三人の手が止まることない。しばし食らって、おや、と気づき雲太は辺りへ振り返る。なにしろつくしの姿が見当たらなかった。どこへいってしまったのかと目をさ迷わせる。やがて少し離れたところ、木立の根元に座り込んでいるのを見つけ出していた。太い幹へ背をもせかけたつくしはそれが見えておらぬ証拠なのだろう、雲太なら眩しくて見ておれぬ日を、こずえの隙間からまっすぐに見上げている。
 そんなつくしへ雲太はおうい、と呼びかけかけた。いや、迎えに行ってやらねば、と尻を持ち上げる。ならば連れて戻るより携えて行った方が早く、思いなおして小魚を手に取った。歩み寄れば、たいていその足音に気づいて振り返るつくしである。だが今日に限って、その様子はなかった。
「どうした。何か考えごとか?」
 辿り着いて珍しくも、雲太が先に声をかけてやる。気づいたつくしは、そこでようやく雲太へ顔を向けていた。
「そら、京三が市で親切な者に譲ってもらったそうだぞ」
 雲太は、そんなつくしの前へ小魚を差し出してやる。隣へ腰を下ろしていった。
 見えぬつくしは何をいただいたのですか、とたずね、雲太はその手を導いて、小魚を干したものだと教える。こぼさず受け取ったつくしは、小魚を鼻先へ近づけていた。くんくん、匂いをかいで笑みを浮かべる。
「本当。海とお日様の匂いがたくさんいたします」
 様子はいつも通りで、雲太もうん、と答えて返していた。
「そら、何か考え事があるなら、話してもかまわんのだぞ」
 おっつけそうも言ってやる。
 ならつくしの笑みは、ふいとそこで途切れていた。それはたずねてはならんことをたずねてしまったようで、雲太の方が胸をどきり、とさせる。
「な、なんだ、その、わしらは今まで娘御と歩いて来ておらんので、疲れておってもよく分からんのだ。それにわしは、つくしの旦那だからして……」
 だがその先が続かない。ごにょごにょ消え入るままに、雲太は頼れぬ口へ小魚を押し込んだ。味わう間もなくばりばり食んで、うまい、うまい、で塞いでやることにする。ならつくしはそこでようやく、笑みを浮かべていた。くすくす笑うその様は、まるで見えておるようでかなわない。
「いいえ。あのお岩まで、村からまっすぐ歩いてきたつくしでございます。一日、二日、歩き通したところで、へこたれやいたしません。それに今日も雲太さに負ぶってもらいました。疲れておるのは、雲太さの方でございますよ。つくしが考えておったのは……」
 と言葉はそこで、ふいと詰まる。
 気になればこそ、であった。天を向いて小魚を食んでおった雲太の目も、つくしへ裏返る。そこでまたもやつくしは何を思っておるのやら、じいっと日を見つめていた。面持ちこそ意味ありげでならず、雲太はなおのつくしへ耳を傾ける。
 と、跳ね返してそのとき、満面の笑みは雲太へ振り返っていた。
「それは、つくしだけの内緒ごとでございますっ!」
 それきりつくしはぱくり、小魚へ食らいつく。食う様はまこと美味そうでならず、雲太は驚かされて唖然とした。しばしその様子を眺めてから、そうか、とだけ答えて返す。雲太もまた並んだそこで、残る小魚を黙って頬張るのであった。


 などと、食ってしまえば雲太らの前に伸びるのは、下りの山道ばかりとなる。辿るうちに雨はそぼそぼ降りだして、しのぐほどでもない雨の中を雲太らはひたすらふもとへ向かった。
 そんな雨が上がったのは日暮れ前だ。千切れるように走り去る雲の下に、平らな地は開けていた。その向こうに次なる山はもう見えない。雲太らはそこで初めて、全ての山を越えたことを知らされていた。
「ついに……」
 だからして京三の声も震える。雲太も夢かと息を飲み、その袂を引いて和二が、伸びる道の向こうを指差してみせた。
 そこにワラ屋根をのせた住まいはある。前に煙は立ち昇ると、番をして座り込む者の丸い背は見えた。
 あ、と思うが早いかだ。雲太は負ぶっていたつくしをおろす。目がけて一目散と駆け出した。足音はけたたましく、気づいて番の者が何ごとかと立ち上がってゆく。振り返ったその顔は、女であった。
「おたずね致す。ここは出雲かッ」
 駆けつけ問う雲太の勢いは、まこと凄まじい。ゆえに驚かされつつも女が返したのは、山から向こうの海まではそうだ、という返事であった。和二とつくしに京三が追ついたのはその時で、雲太は勢いのままその身を三人へひるがえす。
「間違いないッ。やはりここは出雲だッ。わしらはとうとう出雲へ辿り着いたぞッ」
 手を振り上げ、力の限りに教えて言った。
 とたんやった、と飛び跳ねたのは和二だ。手をつないでいたつくしはおかげで振り回され、きゃっきゃ、と笑い声を上げる。傍らで、感極まったか京三が、その目に涙をためていった。
「本当に、本当にわたしたちは、辿りついたのですね」
 確かめるものだから、雲太もうん、うん、うなずき返す。なら京三は流れそうになった涙をごしごし、袂で拭いて、改めずい、と雲太へ身を乗り出した。
「それで、大国主命はどちらに?」  

トップへ