見た目も大事(表紙・装丁)




家宝を寝て待つ間に、小人さん登場です。
今回は、モノカキさんとは異なるお仕事、表紙デザインについて。

さて、中身を読むその前、「い」の一番に読者へ届く部分、それが表紙だと思います。
ラノベなどよりフレンドリーに読者へ訴えるため、華やかなイラストがこれでもかとあてがわれております。そもそもCDで言えばジャケット買い、なんてあるわけですし人は見た目が9割で、「一目ぼれ」という言葉があるくらいですからけっこう大事です。いや、どんなに素晴らしい内容の本だろうと、知ってもらう第一歩が手に取ってもらうことなのですから、そのためにも外見は大事だと思っています。モノカキとしては切ないですけれど。(ホントは中身で判断してほしい)

ということで、的確に内容とその良さを伝えるべく、レッツ作業。

1)完成のイメージを固める
短編集 1と2 の場合 
『色』
ノーブルをイメージ。年度ごとにまとめたシリーズのため、対にする。
『画面構成』
ジャンルがごった煮のため、短編集であること以外は強調しない。(できない) 実験的短編集なので、まさに実験。実質。あおり要素なし。

短編集 3 の場合
『色』
摩訶不思議系のため透明。短編集路線として1、2とやや対にする。
『画面構成』
書下ろしが1本、含まれるので、そちらを強調したもの。なおかつ本文、ボリューム共に最もなじみやすい一冊のため低価格を予定しており、損うことなく手に取ってもらえるような無難な表紙を目指す。

長編 1 の場合
『色』
原色ポップ。2冊組予定のため対配色。
『画面構成』
2冊組予定のため対配置。動きの激しい内容であることが伝わるよう、本編要素をひたすら盛り込んだ勢いのある(どーん、ばーん、わー! みたいな)図柄で。WEB公開時、描いたイメージポスターを基調とする。

長編 2 の場合
『色』
鎮静、クール、思考をイメージ。
『画面構成』
純文学ジャンルのトーンを意識。シリアス、純文学系であることを表現して「真面目」に。

はい、それぞれ方向性は決りました。念頭に、具体的化してゆきます。

2)素材の確保
自分で描いた方が効果的な場合と、
フリー素材を拝借した方が完成度が上がる場合があると思います。

『フリー素材を使う場合』
素材(できればベクター素材が拡大、縮小しても潰れないためよい)を探す。なおかつ「商用フリー」がヨシ。でないものは使用の際のお約束をチェック。
『自分で描く場合』
言うまでもなく使い慣れたお絵かきソフトを使うがよしです。NRはフリーのお絵かきソフトをメインで、大きいサイズを扱う時は昔、買ったペイントソフトを利用しました。

3)素材を配置する
ここで必要になるのが配置する「土台」と、配置の「ノウハウ」です。

『ノウハウ』
サイト運営で画面を作ることには慣れていたので、NRは己がセンスでやってしまいました。その分、王道からずれているように感じます。ですので、もしどこへ出しても恥ずかしくないものを! とお考えの場合は、同人誌制作サイトなどで表紙レイアウトのサンプル等を、参考にするのがよいと思います。
『土台』
悩ましいのがココ。
 1)何を使って、
 2)どれくらいの大きさで原稿を作るのか、
です。

1)何を使って
フォトショップやら、お絵かきツールのSAIやら、直接、ワードへ画像をはりつけるもあり。NRには不可能ですがエクセルで作られる方もおられるとか。ここもほんとに一番、慣れた手段で。
2)どれくらいの大きさで
ワード等を使えば、用紙設定で原寸原稿は仕上がります。
お絵かきツールを使う場合、おそらくピクセル指定が必要かと思われます。

>以下、お絵かきツール使用の例
「ピクセル」は確か「密度」の単位なので、〇ピクセル=〇センチ、にはなりません。他にも「dpi」という単位もあって「細かさ?」が指定出来たかと。
「ピクセル」×「dpi」
が大きいほど、絵がボケない(くっきり印刷できるか)が、決まるように理解しています。つまり容量もバカでかくなります。

・まず「dpi」を把握したうえで、
・サイト上で「ピクセル、センチ換算」のページを探します。
・A5の縦横センチを「ピクセル」へ変換します。
・お絵かきソフトに算出されたサイズの画面を立ち上げます。
・中へ絵を描いたり、素材を放り込んだりして表紙画面を組み上げます。 (このさい、化粧断ちの予定がある場合は、三方、切り落とされる幅がある事を考慮します)
・最後、モニター画面へ100%表示し、実際にA5用紙をあてがい実寸確認。 (ソコ、笑ってはいけません、笑っては!)

はい、できあがりです。
中とじは、裏表紙に当たるページと合わせてPDF化、いきなり「中とじ印刷」で完成です。(見開き、左右の配置を間違えぬべし)

ただし今回、平とじは厚みが生じるため、A4では紙面が足りません。
つまり
・A3の真ん中に印刷し、
・製本後、厚みや化粧断ちをした本のサイズに合わせて、周囲を切り落とすことになります。(他にいい方法、ありますでしょうか~ 泣)

そしておそらくほとんどとの家庭でA3用紙は印刷不可能です。
つまりコンビニコピ―などを利用しなければなりません。しかし分厚い本にコンビニコピーのペラペラ表紙はツラいです。悲しいです。手差しが出来るコピー機が使えれば問題ないのですが、これがなかなかみつかりませんでした。
そこで回避方法として

1)表紙だけ印刷してくれる印刷屋さんへ発注
2)表紙は印刷せずA3厚紙でとじる。コンビニ等でコピーした表紙絵をブックカバーとし、上からくるむ

以上を候補と挙げました。
1)は、10冊単位だと送料も気にならないようですが、ヒトケタにはやはりコストが高い。2)にトライです。

ということで、中とじと同じ方法でいったん、表紙絵を組み上げ、

A5画面 × 2(裏表紙分) + 背表紙の厚み
を右側へ追加しました。

ハイ、すでに総ページ数の目途もたっているので、厚みも算定しやすいです。これも印刷屋さんのサイトなどで、ページ数から厚みが計算できるアプリがあったりするので利用してみてください。
また、全面印刷の場合、折り返し部分や化粧断ち手前で絵が途切れると不細工なので、色は大きめに塗っておくことがコツと思われます。

NRはこれをA3に設定したワード中央へ貼り付け、PDF化。
コンビニで印刷しました。

記述が長く、ごちゃごちゃしているように、正直この表紙作りが一番、大変でした。でもこれでテンプレが出来たのでもう大丈夫!

ついに製本か。
次回へ。



★★
使用例
>ペイントツール
 Azペインター(フリーソフト)
 エッセンシャル3

>フリー素材
 シルエットAC https://www.silhouette-ac.com/
 フリーピック http://www.freepik.com/
 フリー写真素材フォトック https://www.photock.jp/

>画面構成参考サイト
 同人誌を作る http://dojin-shi.info/

>表紙のみでも受注可
 オレンジ工房.com http://www.orangekoubou.com/