番外編 季節短編:テーマ『クリスマス』
サンタはいない





 ぼくはサンタに捕まっていた。
「ほんとにサンタなの?」
 けれどサンタはトナカイのソリなんかに乗っていなくて、四つの車輪がついた四角い車に乗っている。その運転席でブーツまで脱いじゃって、臭い足を絡めてダッシュボードに乗っけていた。
「ああ、そうだよ」
 疑うぼくへ、着ているコートを引っ張ってみせる。
「赤いだろ? で、ここ、白いだろ?」
 でもやっぱり白いおひげはついていなくて、ぼくは隣の席でうつむいた。
「……おじいちゃん、じゃないもん」
 結んだ口で言ってやる。
「それはほっときゃそのうちなるから、心配するな」
 言うサンタはなんだか適当だ。
「けどこの色とコートと、そら、三角帽子は間違いないだろ。これはこの時期にしか着ないし、今夜はお届け物をするって仕事が山ほどある。年末は忙しいんだよ。どうだ。サンタ以外に考えられない取り合わせだろう」
 それでも次々に指さして、最後、ぼくに頭へ乗っけた帽子をぐい、と見せつけた。仕方がないからそんなサンタへ、ぼくは顔を上げてやる。嫌々、確かめてまた自分の足へ目をやった。
 そんな僕の様子にサンタはなんだか諦めたみたいだ。前へ向き直ると運転席の中へずる、と沈みこんでゆく。三角の帽子を顔の上へ乗せかえてから、胸の上で腕を組んでみせた。
「で、なんで、こんな夜中にボクみたいなちっさな子が外を歩いてんの?」
 ちょっと黙り込んでから、ぼくへ話しかけてくる。ぼくはそんなサンタにもっとずっと、ぎゅっと口を結んで、眉も結び返してやった。
「なんでかな?」
 けれどサンタはしつこくて、今度はぼくが諦める。
「ママが」
「ふん」
「ママが、サンタはいないって言うから」
 ならサンタは少し驚いたみたいだ。顔に乗っけた帽子のすみっこから、びっくりした目でぼくを見ていた。
 本物なのにおかしいの。だからぼくはもう一度、サンタに聞いてやることにする。
「ねえ、ほんとにほんとのサンタなの?」
 サンタはすぐに答えてくれず、顔の上から帽子を取った。それからもぼくの前で、ただおひげのない口をムズムズ動かす。じれったいのは嫌だから、僕はもう一度、サンタへ向かって言っていた。
「おひげはないけど赤いコートで三角帽子で、今夜はたくさんのお届け物があるから、本当のサンタなんだよね?」
 嘘だったら、絶対、ぼくは許してやらない。
 するとサンタは目をぐうう、と大きくしていった。じいっと返事を待つぼくに、その目でにいぃっと口を両端へ伸ばし笑いかけてくる。
 何だかやっぱりサンタっぽくないと思うけど、ぼくは返事がくるまで決めつけたりはしないんだ。だからサンタも放り上げていた足を降ろしてブーツを履いた。車輪のついたトナカイから振り落されないよう、体へベルトを巻き付け始める。
「ようしボク、サンタの仕事ぶりを見てみるかっ?」
 本物かどうか知りたかったから、ぼくはすぐにうん、と答えて返していた。ならサンタはぼくにもベルトをしろと言って、トナカイにムチを入れる。入れて前を睨み付けた。
「サンタはな、いつだってみんなが一番、欲しいものを知っている。そしてそいつを見事、届けるからサンタと呼ばれるんだ」
 その通りだ。
「だからボクのママにも今一番、欲しがってるものを届けて、サンタがいるってことを証明してやる。いないとはもう、言わせない」
 と、トナカイのお鼻は光って、目の前がまあるく白く浮き上がった。ぼくはその提案に、わあ、と大きな声を上げる。そんなぼくへ帽子をかぶりなおしたサンタは、またあの笑顔で振り返っていた。
「そら、ボクの家はどっちだ? 案内しろ。ママはきっと心配してる。家へ大事なボクを届けてやるさ」

 トナカイには荷物を担いで走る昔の人のマークが貼りついていたけれど、揺られてタイヤの音を聞きながら、飛び出してきただけの道を辿って家を目指す。
 メリークリスマス。
 ママに言ってあげるために。
 きっとママだってサンタはいるって、信じてくれる。
 だって、メリークリスマス。
 ぼくは今夜、サンタといる。
fin

目次へ ⇒   

ランキングに参加中です