case2#
Highter than Highter -6/10







 ゲストエリアの階段は、作業員の確認を進めるハナたちが埋めていた。
 ストラヴィンスキーはエレベータの動きを確認しつつ、マシン室階段より移動中となっている。つまり抜け道があるとすれば、ハートの抜けたバックヤードブロックだとめぼしをつけていた。
 建設中の最上階は、その完成図が手元に転送されているだけで、現状どうなっているかは上がってみなければ分からず、ゆえに何らかの情報はほしいところだったが、小うるさいイヤホンを払い落としたせいでナビゲートこそ頼めそうにない。いや、頼んだところで却下されるに違いなく、諦めレフは端末の図面をまた指先で拡大した。
 ようやく見いだせた順路に、なるほどたとえエレベータを使って上がってきたとしてもハートが息を乱すはずだと思う。工事のための抜け道として、バックヤードとこのエリアはずいぶと離れた場所でつながっていた。
 将来、防火扉でもたてつけるつもりなのだろう。目指して進めば断熱材を押し込んだ壁の向こうに、鉄骨を組んだだけの粗雑な造りでその入口は姿を現す。
 目にしたなら、そこまでを一気に駆けた。
 立ち止まり、壁際で周囲を見回す。
 明かりはつけない。
 ままに入口の奥へ視線を投げた。
 そこに広がるのは車なら八台ほどが駐車できそうな、奥に向かって長方形の形をした空間だ。障害物はない。あるとするならバツ印を描いて天上を支える数本の鉄骨だけで、その向かって右手、壁側はまだ外壁が貼られておらず、張られた落下防止用のネットを風に大きく膨らませている。
 上層へ伸びる階段はそんな空間の奥、突き当りに作りつけられると、赤茶けた側面に幾つかの数字を殴り書きされて数度の反転を繰り返しつつ、かぶる天井の向こうへ消えていた。
 ほかに人影はない。
 レフは正面へ向きなおる。
 相手が多量に火薬を使用する輩なら、銃もまたその範疇だろう。丸腰だという保証こそなく、用心するにこしたことはないと、握ったままの銃床から手のひらへマガジンを落とした。
 中を確認する。
 何かあったとしても、それこそフィルムスターのようにバラまかなければ事足りる数だ。
 定位置へ押し込んだ。
 スライドを引いたその手で、懐中電灯をつける。セピア色の光は丸く床を切り取り、掲げてレフはバックヤードへ足を踏み入れた。


「向かってますけど、上、建設途中で顔を出す場所によっては行き来できない場所があるみたいじゃないですか。レフはどっちから上がったんですか?」
 イヤホン越し、ストラヴィンスキーが初めてたてつくのを百々は聞く。
「悪いけれど、わたしは彼らを渡会へ申し送るまで、離れられないわ」
 断りを入れたのは、応援に向かえないハナだ。仕方ない。作業員たちはテロリストと行動を共にしていた可能性も濃厚な、重要参考人たちである。共謀者でないことが証明されない限り、放って彼らだけを下へ行かせることはできなかった。
「わからん。だが俺の来た方向へ走っていったぞ」
 体を掴まれたままの姿勢でハートが、止まることなく指先を動かしながら返している。
「じゃあ、バックヤードエリア側から上がったんだ。ですけどここ一度、そのバックヤードへ出ないと最上階へは上がれない、んですよね……」
 手元で図面を繰っているのだろう。最後を独り言のように漏したストラヴィンスキーの語尾は、それきり頼りなげとフェードアウトしてゆく。つかまえてオペレーターが、すぐにも上層までのナビゲートを申し出ていた。
「これで全員ですね」
 重なり、ハナが作業員へ確認する声をマイクは拾う。
 全てを耳にしながら、百々も思考を巡らせていた。
 確かに、確認に向かったレフの判断は間違っていないと思えてならない。だからして重大だと言うこともできた。見間違いであればこしたことはないが、百々はカゴの中で確かに、頭上で動く人影を見たのだ。
 とマイクが、答える作業員の声もまた拾い上げる。
「いやぁ、もう一人いたんですけど、忘れ物を思い出したからバックヤード側の階段から下りるって、別れましたよ。もたついていたなら彼が最後です」
 瞬間、通信はオペレーターのものさえ、のんだ息に一瞬、途切れた。
「俺は誰も見てないぞ!」
 即座に、そのエリアを捜索していたハートが声を上げる。
 そして同時に、百々へ一つの核心を与えもした。
 それこそがあの人影だ。
 過るや否や、百々は弾かれたように辺りを見回す。だからして閃いた行動は、今でも最善だと信じることができた。ならすぐにも、奮闘続ける防護服の腰周りにソレを見つける。駆け寄り、相手が手の放せない状態であるからこそ好都合と、ぶら下がるフラッシュライトを毟り取る。
「コレ、借りるねっ!」
「あ、ちょ、何を」
 大きさは牛乳パックほどか。はっきり言って女、子供向けではない造りだったが、どうにか握りなおして百々は襟元のマイクを引き寄せた。
「外田さん。先、上いってるから、できるだけ早く来てくださいっ!」
 イヤホンからは、別行動を取っているという作業員の特定を要求するハナの声が聞こえている。だからこそ百々は心の中で、それこそがあのお兄さんなのだ、と繰り返した。なら図面を辿っていられるような時間こそなく。レフと同じ経路を辿る無謀は諦める。目の前、エレベータと平行して伸びる階段へと顔を上げた。 
「ここから動くな!」
 押し止めて、すかさず床へ、ハートの剥がした黒い箱のカバーは投げ込まれる。音に百々は身を強張らせ、振り切りすぐにも視線をハートへ向けなおした。
「どうしてですかっ? そいつが犯人ですっ! だのにレフが一人じゃ危ないってことは、わたしにだって分かります。だから外田さんが来るまで無茶しないよう、待たせに行ってきますっ! じっとしてる場合じゃぁ、ないっ!」
 とたん耳へ、レフがイヤホンを払いのけたワケが理解できるほど、指示はストップ一点張りで甲高く繰り返えされる。煽られそこれこそ間違いを起こしそうになりかけたなら、百々も耳からイヤホンを引き抜いた。
「バカ野郎が! そいつはくたびれ儲けだ!」
 駆け出す背にハートの怒鳴り声は飛ぶ。
 かわして百々は手すりを掴むと、そんなハートへ返していた。
「だって、あたしシャフトの中で上に誰かいるの、見たんだもんっ!」
 それきり最初一段へ、身を躍らせる。


 二度の反転。
 バックヤードの階段は三度目を繰り返すことなく、その先を夜空に架けていた。
 時折、下へも視線を投げるが、動くモノは見当たらない。
 上り詰めたそこからレフは、懐中電灯の光が外へ漏れないよう気を配り、そっと頭をのぞかせた。
 吹きつける風がごう、と唸って聴覚を奪う。下半分を床に切り取られた視界は、そこで三百六十度が解放されると、レフはくまなく辺りを見回していった。
 高所だからか。資材らしい資材は見当たらない。代わりにハーネスを固定するワイヤーだけが張り巡らされた光景が、印象的だった。数箇所、次の作業のための足場としてか、やぐらのように組まれた鉄骨が床から高く突き出している。その果てで敷き詰められた床は切れると、キャットウォークさながら建設途中とむき出しになった鉄骨を空へ晒していた。
 積み上げたろうクレーンは一基、途切れた床の先で、風に向かってい長い腕を立てている。その突端に衝突防止の赤いランプは灯ると、ゆっくり明滅を繰り返していた。遥か向こうにも似たような床の島はあるようで、そこでも修行僧がごとくもう一基、半ばシルエットとなり鎮座している。
 見通しは想像以上よく、レフは懐中電灯を床へ放り上げた。なるべく姿勢を低く保ったままだ。最上階へ、身を持ち上げる。その手が、つい下の様子を知りたくなりイヤホンを摘んでいた。浴びせられたばかりの声を思い出し、その先を諦める。代わりとばかり、屈めたままの身で背後へと振り返った。ただ耳を澄まし、闇へ目を凝らす。だが風の音が強すぎるせいで何者かがいるもいないも、気配というものがまるで伝わってこない。これもまた、諦めた。ただゆっくりと、組まれた鉄骨の影へ懐中電灯の光を向けつつ、床の端まで進んでゆく。
 辿り着いたところで立ち止まった。
 それでも確かめておきたく思うのはその先、建設途中のせいでえぐれて谷のようになったそこに立つクレーンの運転室だ。だが手持ちの明かりで照らすには頼りなく、その表面だけを舐めるにとどまる。
 と、その時だった。
 まるで霧の中から不意に姿を現した追跡者のごとく、荒い息遣いに混じり笑い声はレフへと押し迫る。
 振り返り、瞬間、目と鼻の先をかすめたものに、咄嗟と身を引いていた。しかしながら風のせいで空を切る音すら聞こえてこず、何をやカラ振りして前のめりとなった頭の「安全第一」とプリントされた黄色いヘルメットだけが目に飛び込んでくる。そんなヘルメットはバランスを崩すことなく踏みとどまると、めくれあがった短いツバをそこでわずかに持ち上げてみせた。目玉は二つ、その奥からレフをとえらえる。そこに友好的な雰囲気は微塵もなかった。ならばめがけて殴り返すより先だ。レフは懐中電灯の光を突きつける。作業着姿の相手は、開ききった瞳孔をかばって腕を振り上げた。初対面にしては詰め寄りすぎた距離を取りなおすべく、急ぎ後じさってゆく。おっつけレフはそんな光へ、銃口もまた沿わせた。
「作業員は全員退避の指示が出ているハズだぞッ。それともここの作業員は、その格好だけかッ」
 なら黄色いヘルメットは足を止める。振り上げられていた手を、やがてかばっていた顔の前から降ろしていった。
 初めてレフは、その顔を真正面より目にする。瞬間、ある意味、百々は間違っていなかったのだと思っていた。むしろああした場面の素人にしては記憶力はいい方ではないかとさえ思うほど、露となったその顔は確かにあの俳優にそっくりだった。
「思ったより早いな。爆弾、解除しなくていいの?」
 その端正な顔立ちで、男はレフへと笑いかける。


 エレベータのカゴ同様、階段室もまた荒い造りが工事現場そのものだった。だからして風は縦横無尽に中を吹き荒れ、街の喧騒を、接近しつつある台風の湿り気を百々へ伝えよこす。
 だがもう下を見ても恐怖はなかった。使命感もさることながら、嵐の日の子供よろしく荒れる天候にテンションは上がると、映画譲りの「大自然の驚異」が百々の意気込みへさらなる輪をかけ煽り続ける。いや、勝手に重ねて、本人だけがその気になった。
 なら、その気が連れ込むのは根拠のない自信で、果てに火事場のクソ力は噴出すると、あっぱれ百々を失速させることなく最上階まで上り切らせる。最後、途切れた手すり押しやると、百々は、せいや、で屋上へ身を投げ出していた。
 背後から、これでもかと風は吹きつける。意思とは関係なく一歩、前へと踏み出して、百々は辺りを見回した。好き放題と風に髪を散らせて、フラッシュライトのスイッチを入れる。
「レフっ?」
 だが風鳴りが大き過ぎて、返事こそ聞こえそうにない。代わりに目を凝らしたところで、見えるものはレールの上に乗った無人のクレーンと、その脇で青いビニールシートをかぶり固定された資材のみだった。
 その先で床は切れている。鉄骨を剥き出しにした建設途中のビッグアンプルは、そこから向こうを大きくくぼませていた。
 いないのか。
 思い百々は抜いていたイヤホンを耳へ押し込む。
「レフ、どこ? アニー? 聞いてる? こちらクッキーモンスター。最上階よ。おなかがすいたの、エサちょうだいっ!」
 返事を待ち、しばし黙った。だが返されてきた声は、一層下りてバックヤードエリアへ移り、呼び寄せたエレベータに乗り込んだことを知らせるストラヴィンスキーの声と、爆発物の解除成功を、中からあの主張が刻まれた証拠物件を回収することを告げるハートの声だけと、レフの声こそ聞こえてこない。
 まるきり無線を聞いていないのだ。思うしかなく、それが素人目にもあり得ない行動であるということを、百々は十分なほど感じ取って奥歯を噛んだ。
 それでもいつレフの声が混じるやも知れない。会話を傍受しつつ、百々は建設途中と窪んだエリアの手前まで、腹で風押し進み出てゆく。ワイヤーが張られた低い柵越し、目立つはずの長身を探して、そこから先をのぞきこんだ。
 光景に、なるほどストラヴィンスキーがストレートに上がってこれなかったわけだ、とひとりごちる。建設途中の窪みはつまり、マシーン室一帯だ。その上にはもう一基、足場にしてクレーンが立てられていた。百々はそんなクレーンの運転室へ、辛うじて光の届くフラッシュライトを向ける。
 動くものは何もない。
 さらに視線を遠くへ投げた。
 ならそこに、この場所と同じような床が広がっていることを知る。
 そこは暗い。
 そして遠くもあった。
 だが確かにそれは百々の目に映る。
 懐中電灯の光がチラチラ、揺れていた。
 向かって思わず、百々は声を張り上げる。