case3# バスボム  -2/8







 バスボム。
 バスタブに投入すれば、ぶくぶく泡を吹いて、湯船をたちまちパステルカラーに変えるお風呂の友。入浴剤のそれが次回上映作品のタイトルだった。そこから連想するものがあるとするなら、メルヘンチックもしくはファンタジックなストーリーだろう。しかしこの映画はそうも甘いものではなかった。十八歳未満、鑑賞禁止。課せられた規制に準じて内容はすこぶる大人向けのうえ、芸術と謳うからこそモザイクのなしの映像が、少々過激な作品だったのである。

 主演は、監督に発掘されてこれがデビュー作となる、謎の新人ナタリー・ポリトゥワ。監督は数年に一度しか作品を発表しない巨匠、スタンリー・ブラック。取り合わせの話題性も抜群だったが、それでも真夜中、知った顔と並んで見る映画でないことだけは確かだった。
 さすがにネイチャードキュメンタリーを鑑賞した後のような、威勢のいい感想など出せない。だからして明かりの灯ったシアター内、百々はひたすら空笑いで間をつないでいたのだった。


「あ、あは、こんな映画だったんだぁ」
 前回同様、田所はそんな百々の隣にいる。 
「ポスター、道端に貼れるのか?」
 言う目は、手元にある縮小版のチラシを眺めている。百々もいまだ定まらぬ焦点の行き先を見つけた気分で、何とかわいせつ物陳列の罪に問われないですみそうな具合に並ぶ文言が局部を隠すチラシへ、同じく食いついた。

 とはいえ作品は、光の扱いがとにかく巧みときている。見るものを幻想的な世界へ引き込んでやまなかった。その中を奔放と跳ね回る勝気で破天荒な主人公はひたすら自分の思いに率直な女性として描かれると、だからこそ物語の中で時代を先行く異端者となり、周囲のと溝を深める筋書きが秀逸でもある。果てに生死を問う瀬戸際まで追い込まれ、心を病むことになったなら、ふんだんに散りばめられた過激な映像が彼女の純粋さを際立たせ、自由と解放、ひいては偏見といわれなき集団からの圧力が、強く観賞者の心に残る仕組みにもなっていた。気づけば上映も終盤、彼女へ感情移入してしまうあたり、むしろ映画としてもっと別の表現方法なかったのか? と思わずにはおれなくなる良品だったのである。

 と、田所が口を開く。
「あれだな」
「え、ど、どれっ?」
 百々は思わず、見つめすぎたチラシから視線を跳ね上げた。
「タイトルが、まだこれで助かった」
「ああ、タイトルか」
 じゃなきゃ、何だ。
「っていうことは、あ、あたしが来る前にも、スゴイのあったんだ」
 問えば思い出したらしい、田所はその口をアヒルと尖がらせてゆく。やがて落とした肩で、不備を書き溜めたメモをぱらぱら、めくってみせた。
「今は、やめとくわ」
 おかげで余計に想像が膨らんだじゃないか。と百々が思おうとも、それはそれで賢明な判断だろう。
「……だ、だね。いい。うん。うん。うん。今、聞くことないよ」
 百々もまた数行しか書いていないいメモを、これでもかとめくって返す。

「あれ? どうしました?」
 などとそこへ、例のごとく声は割り込んできていた。
「今日は鑑賞後の会話が弾まないみたいですねぇ? なかなかの名作だったじゃないですか」
 水谷だ。
「じゃ、メモ、預かりますよ」
 一言、多いが事実なのだから仕方ない。言われるままに百々と田所が差し出したメモを、回収する。
「そうですねぇ。だいぶ慣れて来たし、映写の方でもメモだけ預かれば大丈夫だって言っていたから、今日はここで上がってもらってもかまわないですよ。ま、百々君の方はご愛嬌かな」
 先に田所のそれを確かめ、百々の分もまたひとなめすると、ぽん、と手のひらへ打ち付け笑った。
「はい、お疲れさま。帰り道にでも、ちゃんと話し合っておいてくださいよ。ただのポルノ映画だと宣伝されちゃ、困っちゃいますからね」
 それはよく分かっているのだが、なかなか目に焼きついたものがそうはさせてくれそうにない。

 シアター後方、空いた映写室のガラス戸には、いつの間にかシアターを抜け出していた社員の顔が映っていた。その手がコンコン、とガラスを弾いて水谷を呼ぶ。聞きつけ水谷がいかにも失敗したという顔つきで、手を挙げて返した。小走りと、映写室へ向かいシアターを出てゆく。

 きっと、セクションCTのことを漏らさないからだ。見送りながら、百々はその目を細めていった。
「セ、セクハラだ」
「……それ、考え過ぎじゃね?」
 しばし吟味してのち、田所は放つ。
 それきり続いた沈黙は、牽制というやつで間違いなかった。
 と、早く出ろといわんばかりに、シアター内の電源が落とされる。これが加減なく暗いのだから、お化けが怖いわけでもなんでもなく百々は思わず「ぎゃあ」と叫んで田所の隣からくるり、きびすを返していた。
「あ、あたし、先、着替えてるよっ!」
 とたん急ぎ足は逃げ足へシフトアップする。
 だからして取り残された田所は、しばし闇の中で立ち尽くした。はた、と我に返って理解しなおし、己が口を再びアヒルへ尖らせてゆく。
「おま、それヒドくないかっ、おいっ! 俺はチカンじゃないぞ!」


 果てにどうにか落ち着いて話せるようになったのは、着替えもすんだ後、「20世紀CINEMA」の入るテナントビルを出てからのことだった。
「ああ、上映はじまっちゃったら、あの映画、二週間は流れるんだ、辛いなぁ」
 ミントグリーンのトートバックを肩に、百々はガックリうなだれ歩く。田所は背中にデイバック、小脇にヘルメットのいでたちでその隣にいた。
 残念ながら「20世紀CINEMA」が入るテナントビルには駐車場がない。だからして帰り道、百々も前を通る貸ガレージに駐車スペースは確保されており、仕事の終わりが同じなら、こうして連れ立ち帰ることははいつもの光景でともなっていた。

「まぁ、それが飯の種だからな」
 割り切る田所は大人である。
「けっこうみんなには見に来てって、宣伝してたんだよ。けどこれじゃ言えないしさ、選ぶのは支配人だって分かってるけど、うちは普通の映画館じゃなかったっけ?」
 見え始めたガレージの入り口では、自動販売機がソリッドな光を放っている。回り込んだところに、停められた田所のバイクは見えていた。
「けど、いいことはいい映画だと思うな。今度のオスカー候補だって話だしよ」
 見て取り言った田所は、頭をフルフェイスのヘルメットへ押し込んでいる。
「支配人の読みは間違ってないと思うぜ。ただ……」
 そこで言葉を切った。
「ただなによ?」
「それで賞、取ったりしたら、凱旋上映とかあるかもってこと」
 教えて、百々には到底無理だろうバイクへひょい、とまたがる。

「ええっ!」
 叫んだ百々の体は跳ね、すぐにもひし、とその両手を握り合わせた。今からでも遅くはないはずだ。ありったけの呪いを放った。
「当たるな、当たるなぁっ、当たるなぁっ!」
「それ、営業妨害」
 バイクへキーを差し込むついでに、田所がクギもまた刺さす。
「だって主人公がさぁ……」
 言わずにおれないのは先刻のとおりで、だが不本意にもその先は不意と飛び出したあくびに遮られていた。
「あふ。今日こそ、寝よ」
 呟きに、キーを捻りかけていた田所の手が一瞬、動きを止める。握りなおして今度こそひねった。ずいぶん無理をして買ったというカワサキのスポーツ二輪は、とたん軽い振動と共に熱いガスを吐き出し始める。

「お前だって、そうも言えないんじゃないの?」
 などと切り出す田所の口調には、なぜかしら似合わぬぶっきらぼうさがあった。
「ん?」
 理由がわからず、百々は目尻に浮かんだ涙をぬぐって首を突き出す。前でアクセルをふかし続ける田所は、そのたびに振り上がるタコメーターの針をじっと見ていた。

「俺さ、今、映写、教えてもらってるんだよな」
 唐突に話しだす。
「へえ、知らなかった。タドコロ、スゴイじゃん」
 確かにフィルムは肝心要の商品である。ゆえに望んだからといって、誰もが映写に携われるわけではないのだ。その扱いは信用のおける人物に限られており、バイトの中でも一人、いるかいないかだった。

「昼間はカウンターがあるし、朝、早い時間帯にな。今朝も同じ」
「じゃ、遅番じゃなくて中抜けシフトだったんだ。さすがっ!」
 お疲れ様と、百々は頭を下げる。
「お前さ、駅前で車から降りてたろ」
 そんな百々の頭へ、言葉は投げつけられていた。
「俺、バイクで前、通ったんだ」
「え?」
 驚かされて、下げたばかりの頭を持ち上げる。
「送ってやるっていったのに、断った理由はそういうことだったんだよな」
 田所の目は、そんな百々の顔をチラリ、盗み見ていた。
「あれ、ストーカー騒ぎの時の男だろ?」
 確かめ、それきりタコメーターへ視線を戻す。

「百々ならうんざりするほどまくし立てるかと思ったわりに、あんまり話さないからおかしいなとは思ってたんだ」
 その通りだ。「20世紀CINEMA」での春山の一件は、そこに居合わせたそれぞれに対し、百々目当てのストーカー騒ぎだったと説明されていた。もちろん話を蒸し返さなかったのは、蒸し返したところで言えないことだらけだったからであり、その事実を明かして言うこともかなわないからで間違いなかった。

「ああ、あれは……」
「知って驚いた。まだ一月くらい前の話だもんな」
 などと続ける田所は明らかに、いつもと違っている。そもそも百々には、田所が何に驚いているのかさえさっぱり分からなかった。おかげでしばし瞬き続ける。おっつけ合い始めた焦点に、浮かび上がったてき光景へ眉間を寄せていった。果てに、脳天からエクスクラメーションマークに汗をこれでもか、と散らせる。
「で、どっ、あ、ええっ?」
 つまり田所が思い描いているだろう構図は、「男の車で朝帰り」だ。

「俺も馬鹿だからさ、間抜けた後輩が気になって就職の話、蹴って残って、映写までやる気になってさ」
 だというのに田所は、あろうことか言い始める。
「それはそれでいいんだ。何も言わなかったのは俺だし、百々だって子供じゃないんだからさ」
 きっと地球は今、逆回転している。

 「けど俺、わりかし古いみたいで。映画じゃないなら正直、お前にがっかりした」
 そう思うしか百々に救いはなく、しかしながら正転中と田所は、バイクのヘッドライトを明々、灯した。下ろされたサンバイザーの音がカシャリ、鳴り 、掻き消してエンジンは短く二度、噴かされる。果てに気抜けたような挨拶は田所の口から投げられていた。
「じゃな、気をつけて帰れよ」
 目も合わせずブレーキを離した田所の後ろで、タイヤが空回りの悲鳴を上げている。わずか白煙は立ち上り、残してバイクは走り出していた。
 「ちょ」
 振り返ったのは、せめてその一言だけでも聞いてもらいたかったからだ。
「ちょっと、タドコロ、それ……」


「ちがーうっ!」
 叫んでいた。
 大声に、弾かれレフが振り返る。怪訝を越えたいかつい視線は明らかな警戒モードだろう。そらそうだ。何の脈絡もなく突然、叫ばれたなら、誰だって心配する前に怪しむ。たずさえたまま、その目は懸命に文字を書きなおす百々の手元をとらえなおした。
「字を間違えたくらいで叫ぶな。驚く」
「そうですね。これじゃ、検定会場にもいられないもん」
 返す言葉はもう喧嘩腰だ。

 なにしろ何も悪い事など、後ろめたいことなど、していなかった。むしろあの夜は悪党と闘っていたのである。などと言えばコントのような響きは拭えないが、それなりに自分は危険と対峙していたはずだった。
 だからといって対テロ組織に加わっているなどと、あの朝に至ってはテロリストを捕まえるために夜っぴいて工事現場でクレーンをぶっ倒し、挙句、テログループが明日にも重要なプロパガンダを公表するかもしれないくだりを知ったのだなどと、言えはしない。そもそも全てを口外することことは許されていなかったし、加えて信じてもらえるように説明できる自信こそ百々にはなかった。
 幸いなことを言えば、次に田所と同じシフトへ入るまで数日あると言う事実のみだ。動揺の後始末をつけるにはギリギリ間に合う冷却期間だった。
 だがこれまでそんな風に見られていて、そしてこれからそんな具合に解釈されるのかと思えば、いても立ってもいられない。果てに次からどんな顔で田所と会えばいいのか、なんと話しかければいいのか、全く見当はつかなくなってくる。

「そのうえ反省文って?」
 ついぞ独り言はもれていた。
「あたしは……」
 その口へ、かませる栓があれば欲しいところだだ、がないのだから前後なき二度目の咆哮は、放たれる。
「悪いことなんてして、なぁーいっ!」
 やおら隣で、本を閉じる音は響いていた。
「……一度、休め」
 下ろしたまぶたでレフが一言、言い放つ。
 とその時だ。この部屋のドアは開け放たれる。驚き顔をあげたなら、いつまで続くかと思われたコントに終止符を打ち、颯爽と曽我は二人の前へ姿を現していた。

「喜んで、ここでの仕事は一時保留よ。今すぐ高速に乗って」
 オペレーティングルームから駆け込んできたらしい頭には、ヘッドセットが装着されたままとなっている。言うなりレフへ、ホルスターごと銃を投げた。
「高速?」
 辛うじて受け止めたレフが、問い返している。
「詳細は移動中に」
 追って、車のキーも弧を描いた。掴んでくわえ、レフはホルスターから抜き取った銃の動作を確認する。
「それってSO WHATですか?」
 合間を縫い、百々は口を開いた。
「ここはそれ以外では動きません」
 一呼吸おいた曽我の笑みはどこか自慢げだ。
 刹那、上着を羽織るような動作でレフがホルスターを背負った。
「恩に着る」
 立ち上がったなら、ドアまでひとまたぎもない。
「わたしはオフィスで遊んでいる人員がいることを進言したまでです。判断はチーフが」
 すれ違いざま曽我は告げ、かわしてレフは部屋を抜け出した。
 目にして百々こそ、大人しくはしておれない。
「あっ! おいてくワケっ? 自分だけズルいっ!」
 ペンを投げ出し、トートバックを掴み上げる。レフの座っていた椅子さえひっくり返すと、慌てふためきその後を追いかけた。

「あ、でも百々さんは……!」
 頭数に入っていない。
 言いかけるが、すでに曽我は取り残された後だ。意外と足は早いらしい。身を乗り出せば閉まりつつあるエレベータの中、百々はすでにレフと肩を並べていた。
 どうしたものか。思案する曽我の目が、いっとき空を睨みつける。
「ま……、いっか」
 戻して軽く舌打ち、曽我はヘッドセットのマイクをつまみ上げた。
「聞こえている? 春山の仕掛けがまだ残っていたわ」
 テーブルには、書きかけのレポートと漢字検定の問題集が放り出されている。残して曽我は、仮眠室のドアを閉じた。