case4# COMING SOON! -7/7







「やつがここへ鞍替えしたのは、その事件がきっかけだ。とはいえ、どうやって潜り込んだのかまでは知らん。あれでどうして、したたかなやつだからな。だが動機が動機だ。本土とヨーロッパで蹴られた。そこで当時、一番平穏だった日本へ放り込まれた」
 ハートの語気はそこで強まる。
「いいか、こうも公私混同な捜査員など、前代未聞だぞ。腕は立つかもしれんが、そのせいで頭に血の昇ったきり勝手と飛び出すようなヤツと一緒に仕事をするこっちの身にも、なれ」
 眉間には険悪なシワが刻みこまれ、それきりハートは一掴み、ポテトを口の中へ押し込む。噛み潰す様は鉄くずか何かのようで、少なくとも百々にはそれが美味そうには見えなかった。
「らしいですね。ぼくが聞いたのも同じです」
 渋い顔でうなずくストラヴィンスキーの唇の端には、タコライスのレタスがのぞいている。
「百々にまで言われたなら世話はない。知らず、一緒に危ない橋を渡れるやつがいたら、そいつは馬鹿だ」
 だからしてあのときレフは逃す気はない、といきまき単独で最上層へ向かったのかと。そしてハートは白い面が冷静に見えるとは限らないと罵り、挙句、役に立たんとまで切り捨てたのかと、思い出す。
 とたん解せなかったあれやこれやは、百々の中で一気に霧を晴らしていった。だがそれでスッキリしたのかと言えば逆だろう。全ては見なくてもいい舞台裏をのぞいてしまったあとのガッカリした気分そっくりで、ただいたたまれなさに口を閉ざす。
 紛らせ、中途半端と浮いていたタコライスへかぶりついた。味について言及できるほど堪能できず、ただ機械的に咀嚼し続ける。
「チーフも腹の底では同じだ」
 隣でハートが言っていた。
「テロの過疎地だったとはいえ、厄介者を押し付けられたと考えているからこそ、持て余している」
 と、その目は百々へ裏返された。
「やつと組まされたのも、そのためだ」
「え、あたしが?」
「ええ、間違いなく」
 タコライスを平らげたストラヴィンスキーが、次なる生春巻きにアゴを動かしなが同意する。理解しかねて百々は頬を歪め、あいだにも二杯目を飲み干したハートは店員を捕まえてバーボン、と伝えていた。
「言っては何だが」
 続きのように話しだす。
「ど素人と行動を共にすれば、当然そちらに手が取られる」
「す、すみません」
 百々にはそうして縮んだ体の戻し方が分からない。
「そもそもチーフは、専属で奴を百々の警護に当たらせ、捜査から退かせたかったんだろう。だが窓際同然、露骨なやり方で奴が突飛な行動にでてもかなわんと考えた。そこでこうなった。百々の臨時採用なんてものは、苦肉の策だ」
 そこへバーボンは、ボトルで運ばれてきた。話は途切れ、百々は思い出したように氷の溶けて薄くなったスプモーニへ口をつける。アルコールの力で、縮んだ体を元へ戻した。
「けれど百々さん、意外にアグレッシブだから」
 同様にトムコリンズを空けたストラヴィンスキーが、そんな百々へ唇の端を持ち上げる。ついでに自分もバーボンをもらってもいいか、とハートへ確かめ、再び百々へ微笑みかけた。
「チーフはきっと頭、痛めてると思います」
 体をひねると、すかさず店員へグラスの追加を頼む。
「……そか」
 なるほど、と百々は思い知らされてこぼした。結果はともあれ、だからして奮起するたびにどやされるはずなのだ。レフにたいした愛想がないのも当然で、今頃、とれた足かせにせいせいしているに違いないとさえ考える。
 皿に残ったレタスは張りつき、つまみにくくて仕方がなかった。それでもさらえて溜息もろとも、百々はそろえた箸をテーブルへ戻す。
「明後日の件、はずされて抗議したらしいな」
 などと切りだしたハートの言葉には、まだ続きがありそうだ。
「そのあと、非常階段でヤツに追い回されただと?」
「へ、なんで知ってるの?」
「すみません。口、軽くって」
 驚いた目の前で、首をすくめたストラヴィンスキーが頭を下げていた。ままに店員から追加のグラスを受け取ると、残り少なくなった百々のスプモーニに気づいて注文を確かめる。今さらだ。百々はかまわない、と首を振ってからジンライムを頼んだ。
「あ、でもハートにしか言ってませんよ。オツさんには、バレた、かな? そうしたら、こうなりました」
 果てに知ることとなったのは、それほどまで気にかけてもらっているという事実である。
「気に病むな。今回ばかりは、やつを遊ばせておけるような状況でなくなった。残念な部分もあるだろうが、ドドはやつのせいで振り回されただけだ」
「ええ、チーフもやり方が紙一重です」
 店員は去り、控え目ながら批判してストラヴィンスキーはのけぞった。落ち着いた胃をなでつけると、一思いに背伸びを繰り出す。
「はずされたからと言って、お前に非はない。むしろ予想外なほどよくやっている。これは誰かが言ってやらんといかんことだ」
 真逆とごつい体を丸めたハートは、そうして開けたボトルを傾けていった。ならすねているわけでもなんでもなく、百々に言えることはこれしかなくなる。
「よく分かったし、納得してるよ。元々が、元々なんだから……」
 聞いているとは思えないハートは、やたらめったら慎重に二つのグラスへ琥珀色の液体を注ぎ分けていた。
 おっつけ百々のジンライムは到着する。握りしめれば胸元で、きりりとした香りは弾けた。
 と、しばし途切れた会話を再開させたのは、満たされてゆく自分のグラスを眺めていたストラヴィンスキーだ。
「でも、なかなかの名コンビじゃないかって、僕は思ったんですけどね」
「は?」
「いえいえ、 阿吽アウンって意味じゃないですよ。百々さんにあえて危険についてを納得させたのはレフです。示しておいて、自分がおろそかにはできないじゃないですか。だからいいバランスだと僕は思ったんです」
「ふん、反面教師か」
 ようやくボトルを置いたハートが、鼻で笑い飛ばした。
「ええ。狙ったところとはずれていても、百々さんがアグレッシブな分、良いおもりと見させていただきました」
 自身のグラスを引き寄せストラヴィンスキーは、自らの言葉にうなずく。しかし百々にはそれが「お守り」なのか、果たして「重り」なのか、てんで分からなかった。おかげで「はぁ」とだけ返す。背を、ハートの手は叩きつけていた。
「なるほど。でかしたぞ、期待のストッパー!」
「うわぁ」
 勢いに、体は前へ放り出される。
「なおさらよくやっているッ! これで少しは安心して仕事ができるというわけだ」
 後に続く笑いに遠慮はなかった。
「って、次、待機なんですけど」
 訴えようともハートには聞こえていない。その上機嫌を頃合いと見計らったストラヴィンスキーもまた、巧みと話を切り上げていた。
「まま、欠席裁判もここまで、ってことで」
「ようし、仕切り直しだ」
 応じたハートがグラスを持ち上げる。
「じゃ、何に乾杯を?」
 ならってストラヴィンスキーもグラスを手に、一同を見回した。
「え、えっと」
 百々も慌てて持ち上げたなら、よほどめでたい出来事らしい、提案はストラヴィンスキーから出される。
「チーフには悪いですが、名コンビ誕生に、とか?」
 だが、それだけはいただけない。却下して百々は、みあう一大事に声を張った。
「そうっ! おかげであたし、明後日の舞台挨拶に来る人たちのお出迎えスタッフ、することになったんですよっ!」
「ほう」
 ハートが眉を跳ね上げる。ストラヴィンスキーもまた、瓶底眼鏡の向こうで目を丸くした。
「へえ、誰が来るんですか?」
「スタンリー・ブラック監督」
 と、時は止まっていない。単に反応が返ってこなかったせいだ。
「だ、誰です? ブラック監督って」
「ええっ、知らないんですかぁ? 数年に一本しか作品を発表しないから映画は少ないけれど、その度に話題独占の大巨匠、超有名監督ですよ。じかに会えるなんて、俳優さんより確率、低いんですから」
 自慢だっただけに、問い返されるなど心外でしかなくなる。
「すみません。こういう仕事してると、どうも流行にうとくなっちゃうみたいで」
 素直に頭を下げるストラヴィンスキーは、いつだろうと腰が低かった。
「今度のアカデミー候補で、もしかしたら賞、取っちゃうかもしれないんです。今夜、ノミネートの公式発表があるって」
「さすが業界の人。耳が早いんですねぇ」
 感心されて、百々もそうえいば、と店の時計を仰ぎ見る。
「同じ、明後日か……」
 と、巡る思いに分厚い唇をすぼませハートが呟いた。ままに睨みつけた天上から、その目を引き戻す。
「なら映画の大入りと、移送の無事完了を願って乾杯はどうだ」
 とたん互いが互いの顔を見比べたことはいうまでもない。
 次の瞬間、悪くない、と宙でグラスは鳴らされていた。

case4# COMING SOON! complete!