case5# GUN & SHOW -3/7







「超、イイヒトそうじゃん。もっと気難しくてさ、神経質な人かと思ってたけど、全然ちがう」
 給湯室は通用口から入ったところ、警備員室の隣にあった。水谷に連れられる格好でブラック監督一行と控室まで移動した百々は、すぐにも抜け出し、そこでお茶の準備に取り掛かる。
「うん。絶対、タドコロに報告しなきゃ」
 言う音量は興奮のあまりその範疇を超えていたが、れっきとした独り言だ。吐いてうなずき百々は電気ポットのコードを引き抜いた。もう片方の手には、インスタントながらドリップ式のコーヒーセットと、緑茶用の急須に湯呑みが乗った盆はある。
「う、お」
 持ち上げれば、これが見た目通りで相当、重い。筋肉痛も予想とおりと頂点なら、唸って気合いをいれなおし、百々はわずかながらも学生時代、こなした喫茶店でのアルバイトを思い出すと、ここぞで姿勢をたてなおした。
「笑顔、笑顔」
 唱えて給湯室を出たなら、通用口前、すぐにもパイプ椅子にどっか、と腰を下ろした警備員の姿を目にする。
 聞くところによるとファンからのプレゼントは、今も後を絶たないらしい。おかげで通用口は人の出入りが激しく、警戒してもしすぎることのない事態に警備員はこうしてしかめっ面を決め込んでいる、とのことだった。何しろ侮れないのは、熱狂的なファンの存在だ。彼らは時に崇拝者のためなら、犯罪をもいとわぬ暴挙に出る。
 向けて百々は試運転を兼ねると、作った笑みで警備員の労をねぎらった。どうやら正常稼働中らしい。かすかに答えて警備員が、目元をほころばせ返してくれる。
 ほっとしたせいか、裏腹と百々の脳裏を、レフたちが追いかけているだろう SO WHAT の存在は過っていった。監督が娯楽界の重要人物であればこそだ。預かっているだけで狙われるのではなかろうか。ふいと不安は湧いてくる。よもや託されたプレゼントが爆発したり、客の中に紛れてテロリストが劇場を襲ったりしたら。妄想は膨らみ、押しつぶされそうになったところで慌てふためき警備員へ背を向けた。
「だめら。いつの間にか完全に洗脳されてるよ」
 そう、今、すべきはこの舞台挨拶を成功させることだけだ。そして万が一にも何か起これば、必ずレフたちが駆けつけてくれるはずだ、と考えた。
 百々は盆を抱えなおす。
 控室へ向かい足を踏み出した。
 と、それはロビー側の通路からである。その時、マスタード色した「20世紀CINEMA」の制服は飛び出してくる。
「れ?」
 間違いない。田所だった。田所は更衣室前で足踏みしたかと思うと、そこに百々がいることさえ気付かぬ様子で左右を見回し、素早く控室へ身をひるがえしている。
「な、んで?」
 これで持ち場を抜け出しブラック監督を盗み見に来た、などと言うのなら、頭からポットの湯をかけるしかないだろう。
 でなければ。
 過ったとたん、百々は声を張る。
「タドコロっ!」
 劇場で何かあったに違いなかった。
 眉間へ自然、力はこめられてゆく。


 それもこれも順調過ぎる現状の代償だった。
 バイクが去ったきり沈黙は居心地が悪いほど続くと、小型バスとワゴンは今、片側二車線、計四車線の産業道路を走っている。
 路面は、商用のバンと大型車両がほとんどだ。仕事中のドライバーが多いせいか、そうして詰まった車間からは目的地へ向かう気忙しさだけが滲み出していた。
 ならそれは、先程までの続きのような口調である。運転席でストラヴィンスキーは口を開く。
「百々さん今頃、なんでしたっけ?」
「舞台挨拶だ」
 これまた答えたのは、先ほどまで言葉を交わしていたかのようなハートだった。聞いてストラヴィンスキーはそうそう、と小刻みに頭を揺らす。
「スタンプラリー・バックだったかな? 監督の映画が、百々さんの映画館で始まるって。大変そうでしたよ」
 それが息詰まる沈黙に対抗した彼なりの気遣いだったなら、無理もほどほどに、というところだろう。あまりの見切り発車は次に、レフの口を開かせることとなる。
「それはスタンリー・ブラックの間違いじゃないのか」
 発言は、ここに百々がいたなら驚くものだろう。
「え、レフは知ってるんですか?」
 代わりとばかりストラヴィンスキーが眉を跳ね上げる。
 少しばかり路面が混雑してきたらしい。近づく小型バスのテールに、ワゴンは速度を落としていった。比例して周囲はぐっと密度を増し、なおさら警戒するレフの目が忙しく辺りを這いまわる。
「有名な監督だからな。四年前の映画も二度、見た」
 片手間に返事は返され、意外だ、といわんばかりストラヴィンスキーは「へぇ」という声を上げていた。挙句、要求してもいないのに、こう感想を聞かされる。
「泣ける」
 刹那、ワゴンは危うく小型バスに追突しかけた。
「ここから五百メートル、るるロード前交差点まで渋滞発生中です」
 淡々と告げるオペレーターは、今の発言を聞いていなかったのか。
 ともあれ追突しかけたのは、その渋滞が原因で前方車両が急にブレーキを踏んだせらしい。いや、そのせいにしてストラヴィンスキーは、慌てて車間をとりなおした。ハンドルから離した手で眼鏡のブリッジを押し上げる。戦々恐々、隣り合うレフを盗み見た。
「すごい、監督なんですね。やっぱり」
 そうして落ちた速度にまたもや車列は縮まると、小型バスとワゴンは止まるかどうかの徐行にエンジン音をこもらせる。
 十二時十二分。
 「るるろーど」前交差点手前。
 これもまた予定通りの足踏みだった。


「うそぉっ!」
 唸って百々は目を瞬かせる。それでも田所は盆を持ち、こうして控室までを手伝ってくれていた。
「松川さん、体調不良なのぉっ?」
 松川とは出張中の橋田と同じ「20世紀CINEMA」の社員で、実質「20世紀CINEMA」の専属映写技師だ。かくいう田所が今、映写を教えてもらっている相手こそ、その松川だった。
「だって朝、元気そうだったじゃんっ」
「昨日から体調、悪かったって。けど今日、橋田さん、出張だろ。支配人もコッチ、手が離せないってわかってたから、休めないと思っていえなかったって」
 教えた田所の唇は、今にもガーと鳴きだしそうなほどに尖っいる。
「そうだけどぉ」
 百々は眉をへこませるが、言ったところで困り果てたのは田所の方が先だ。そんな田所の足取りは、また速度を上げていた。おいてゆかれまいと百々も床を蹴りつける。
「松川さんは?」
 ままに更衣室前をやり過ごした。
「トイレ。なんか悪いモン、くったんじゃないかってよ」
 つまりあちらも今頃、上を下への大騒ぎらしい。
「まぁつかわさぁんっ!」
 絞り出すと同時に、「応接室」とプレートが張られたドア前にたどり着く。
「とにかく、俺、そのこと話しに来たから」
 事態がどれほど滑稽だろうが、前において言う田所は至って真剣だった。いや、満員御礼の先行上映会が控えていたなら、ならざるを得ない状況だった。
「わかった」
 ゆえに百々も至極真面目とうなずき返す。予想外のハプニングで強張った顔をほぐしにかかると、手伝ってもらっていた盆を受け取るべく田所へ手を差し出す。
「ありがと」
「いい感じじゃん」
 見て取り手渡す田所の表情が、そのときばかりは緩んでいた。
「当たり前」
 返して百々は大きく息を吸い込む。
 堂々、ドアをノックした。
 中から、返事が返されることはない。ただドアは開き、そこから水谷が顔をのぞかせる。目は、当然のことながらここにいるはずのない田所をすぐに捉え、視線に田所が小さくうなずき返したならそれだけで何かあったと察した様子だ。水谷の目はがわずか強張り、しかしながら慌てる素振りをみせぬまま、百々が運んだ盆のチェックをすませていった。過不足なし、と分かったところでほほ笑むと、もろとも半歩下がって中へと百々を促す。決して華美とは言い難い室内の様子は、そうして初めて百々前につまびらかとされていった。
 昨日、磨いたばかりのセンターテーブルがやけに光って見えていた。ブラック監督はその向こう側、真正面のソファーに腰かけ、傍らに折りたたみの椅子を広げて赤毛の女性は座っていた。その向かい側に日本人男性はおり、タクシーの助手席にいた人物こそ見当たらない。つまりその人物がツアーコンダクターに違いなく、この日本人男性が監督の友人のようで、残された赤毛の彼女が通訳らしかった。
 ふまえて百々は、部屋へ足を踏み入れる。気分はファッションショーのランウエィだ。誰もの視線を浴びて通訳の傍らへ回り込んだ。センターテーブルへポットと盆をおいたところで早くも気になるらしい、前のめりでのぞき込んできたブラック監督の声を聞く。
「リョクチャ。じゃぱにーず、てぃ」
 近すぎる笑顔が著名人だと思えばこそ、百々をどぎまぎさせていた。加えて違いますか? と、吊り上げた片眉で、監督は茶目っ気たっぷりと百々へ問いかける。
「はい、玉露入りです」
 どうにか冷静と、返すことが出来ていた。
「おおぅ、ギョクロ。サイコウキュウ、デスネ」
 なら監督は、細めていた目を丸くして感慨深げに首を振る。しみじみと、乗り出し気味だった身を下げていった。
「コーヒーも出来ます」
 百々が示せばうってかわって手は突き出され、それはない、と拒んでみせた。
「ののの、リョクチャガ、ノミタイデスネ。アツイノヲ、オネガイシマス」
 めくるめくリアクションは、どれもが妙に可愛らしい。わかりました、と答えた百々の頬にも自然、笑みは浮かんでくる。向けなおして通訳と友人へも、どちらがいいかを確かめた。ならリサーチ不足が発覚したのはそのときだ。そこで初めて通訳はカフェインがだめだということを、知らされる。
「なら、代わりをお持ちします。少し待っていただけますか?」
「ああ、いえ。では自分で何か」
 すぐにも自分のバッグを引き寄せた通訳は、身軽といえよう。肩にかけるや否や立ち上がる。
「そうですね、自販機くらいあるでしょ。僕が一緒に行きますよ」
 気が利くのかどうなのか、向かいで友人も申し出ていた。
「あ、いえ、でも。すぐなので」
「すたっふガ、オシエマセンデシタネ。ういあー、そーりー」
 挙句、ブラック監督までもが謝っていたなら、収拾がつかなくなっていた。百々はうろたえ、そうするうちにも通訳と友人は部屋を出て行く。
 様子を、表で話し込んでいた水谷と田所が、思議そうな面持ちで見送っていた。入れ替わりで、話し終えたらしい二人は部屋へ入ってくる。すかさず水谷が、ブラック監督へ用件を話し始めていた。
 内容はどうやら、舞台挨拶での段取りについてようだ。だがここでもノープロブレムと肩をすくめて返すブラック監督は、終始チャーミングで渋るところがない。おかげですぐにも話はつくと、いつもの調子で水谷も身をひるがえしていた。
「じゃ、映写室に行ってますから、百々君、後は頼みましたね」
 受けて百々も、いつも通りに答えて返す。
「はい」
 合図にして壁際で、田所がブラック監督へ深々と一礼した。その後ろ姿が廊下へ消え、水谷もまた追いかけるように部屋を後にしてゆく。
 閉められたそのドアが、ぱたん、と音を立てていた。
 静かだ。
 百々は思う。
 そして部屋はやけに広くもあった。
 当然だ。あれだけひしめいていた人間は、気づけば今や、熱い緑茶を待つ天下の巨匠と百々のみとなっている。
 背筋が凍りついていた。
 何しろ仕事はお茶くみに雑用のハズではなかったのか。
 よもやまさかの展開に、そんなのアリか、で溶解、全身から汗がどっと溢れ出す。
 止め方がわからないなら、もう水芸、ひとり噴水状態だった。
 ままに百々は、恐る恐るブラック監督へ振り返る。
「リョクチャ、タノシミデス」
 満面の笑みを浮かべたブラック監督と目と目は合う。
 叫び声を上げそうになって押さえこんだ。
 はい、ただちに。胸の内で唱えて百々は、すぐさま準備に取り掛かる。
「ギョクロ、いえー」
 向けて親指を立てるブラック監督は、ただただ無邪気だった。そんな監督を無視するなどできやしない。とりあえずだ。まさにとりあえず、引きつっていようと百々はほほ笑み返す。そして親しみに敬意を感じているからこそだ。わけがわからなかろうと意を決っしていた。
「ぎょ、玉露、イエー……」
 百々も返す。
 果たしてこのノリで本当に合っているのか。急須へ全神経を集中させ、それきり湯を注ぎ込む。そう、ひたすら胸の内で、支配人カムバクックを叫びながら。


 映画の内容が気になるあまり集中できないじゃないか、とそのときストラヴィンスキーが思ったのかどうかは定かでない。ただ、レフの一言で話は立ち消えとなり、しかしながら車両の流れだけは止まる気配をみせていなかった。
 予定通りだ。十二時二十分を前にして小型バスとワゴンは、混雑の中枢「るるロード」前交差点へ辿り着く。
 交差点左角にはパーキング待ちらしい、「るるロード」立体駐車場へ入るべく、長い車列が出来上がっていた。その手前には正面入り口をのぞかせた「るるロード」のエントランスが広がり、横断歩道を渡った向かい側、相対した右手角地には、産業道路と交差して伸びる国道と並行して、昔ながらの商店街、そのアーケードが連なっている。
 平日だからか、いや、平日にもかかわらずと言うべきか、辺りから人が途切れる様子はなかった。行き交わせる交差点は車の通行を促したあと、全方向を歩行者へ開放するローテーションを繰り返すと、今現在、車の走行促している。
「戦場だな」
 限られた通行時間と空間を奪い合い、右へ左へ直線へ、もつれ合うように流れる車両を眺め、ハートはこぼした。
 乗せて小型バスもまた右折に備え、車線変更を始める。
 そこで前方を行くタクシーにならい、待機した。
 そんなタクシーの前には、すでに交差点中央まで進み出ている軽トラックがおり、今やおそしと右折のタイミングをはかっている。
「十二時十七分、第三ポイント侵入。るるロード前交差点を右折する」
 ハートが告げた。
「了解しました」
 オペレーターの声に抑揚はない。
 同時に軽トラックは交差点を渡り、誰もの前から国道へと抜け出していった。
 準じてタクシーがその位置へ進み出てゆく。
 押し出されるようにして小型バスもまた、動いた。
 どうやらタクシーは走り来る乗用車とその後方、追走するジープを見送った後で右折するつもりらしい。タイミングを見計らうタイヤがジリジリ、またアスファルトを踏みつけ前進する。車間を保つ小型バスはその後を追い、さらにその後方でワゴンも徐行を続けた。
 と、その時だ。
 前を行き過ぎると思われたジープが直線を逸れる。ウィンカーすら出さない突然の右折にこれでもか、とタイヤが鳴っていた。ままにタクシーへ、いや小型バスへ猛然と突っ込んでくる。