case6#
He said "SO WHAT ?!" -6/10







 赤茶けた大地。
 その枯れた色が飛ぶように眼下を流れていた。
 広がる荒涼とした風景は、砂漠というより荒野がちょうどの響きだ。
 切り裂き伸びるグレーのラインは、わずか一本。
 ハイウェイは脇にひとつ、なぞる影を並走させると、落としてシコルスキーは今、CCT職員を乗せラスベガスを目指し、アメリカ合衆国内ネバダ州上空を飛んでいた。


 出立ギリギリまで進められた事情聴取と押収物の調査から、強襲者七名はリーダー格となる一人の声掛けに応じて、二つのサバイバルゲームチームから名乗りを上げた有志であることが判明している。連絡はリーダー格の一人を中心にパソコンや携帯電話で行われると、彼らは当日まで顔すら合わすことのない他人同であった、ということだ。
 ゆえに爆発物や重火器の入手先、蜂起についてを直接知るのは招集をかけたリーダーのみと判明し、押収したパソコンや携帯電話の分析結果より、ネットワークは七人のみに閉ざされていたことや、その他外部と接触した形跡がないことから、彼らとテログループの接点、もしくはレフが捕まえ損ねた何某についてはリーダー本人が証言する以外、知る術がないということも明らかとなっている。
 しかしながら当の本人をはじめ賛同した有志六人は、榊同様はといえば、二十四日をご褒美とばかりに修行僧のようなだんまりを決め込んでいた。
 こう着状態のまま迎えた、二十二日。ついにオフィスの移動は始まる。オペレーターと曽我に乙部が、ひと足先に現地へ飛び立っていた。遅れること二十三日。百合草を含む面々もまた、渡会たちに後を預け日本を発つ。
 向かったのはアメリカ合衆国カルフォルニア州、ロサンゼルス。さらにそこからほどなく離れたハリウッド地区へ赴いたのかといえば、赤い大地が示すように実際は様子を違えていた。
 知ってのとおり、アカデミー賞授賞式はハリウッド地区にある「コダックシアター」で行われることがおおむねで、今回も開場はそこが選ばれている。だがそれは開催三日前のことだ。運営委員会は本年度アカデミー賞授賞式会場を急遽ラスベガスへ変更すると発表していた。変更が準備を進めていただろう SO WHAT への攪乱目的であることは言うまでもない。
 そのためラスベガスが選ばれた理由は、地続きのハリウッド地区と違い、街へ入り込むルートがハイウェイ数本とマッキャラン空港に限定されている点がひとつ。ギャンブルと観光を一大産業に掲げた街が最も重要視している治安維持、それらに対する信頼性の高さがひとつ、だ。しかも表だった変化はないが、治安維持に関しては SO WHAT の活動により裏ではさらに厳しさが増している。土壇場での会場変更に慌てて駆けつけた何某がいたとして、物騒な物を持ち運べば運ぶほど突破は困難だろう、との見解からだった。
 しかもカリフォルニア州とも時差がなければ、すでに組まれたテレビプログラム枠に対する配慮も必要がない。最悪の事態に発展したとして、即時対応可能と、街の片隅には空軍も控えていた。
 しかしながらそんなラスベガスへの直行便だけがない。おかげで数時間かかるトランジットを端折り、滑走路脇にシコルスキーを置いて乙部は、こうしてオフィスの面々を迎えに来てくれている。
 荷物は後から届けられる段取りだ。ともあれそもそも観光でないなら、オシャレも何も、そこに詰められている物のほとんどが不要だろう。身分証と端末だけを携え百々は身ひとつでヘリへ乗り込むと、「20世紀CINEMA」で奔走していた十日間の遅れを取り戻すべく、資料の閲覧に没頭していた。
 覚えた疲れにしばし赤い台地を眺めて過ごし、やがてその視線を機内へ引き戻す。
 乗り合わせたそれぞれの間には先ほどから、会話らしい会話は一言もなく、手持無沙汰が引き連れる気だるさと裏腹の、近づく期日を前にした緊張だけを重苦しく漂わせていた。

 と、二時間を越えるフライトも終盤に差し掛かった頃だ。操縦席で乙部が不意に振り返ってみせる。そうして放たれた、うるさいブレード音に拮抗するかのような声は彼にしては珍しい怒鳴り声で、黙りこくる一同を呼び止める。サングラスが邪魔で目はどこを見ているのか分からなかったが、おっつけ大きなジェスチャーが外を見ろ、と誰もを促した。
 視線を投げそれぞれが窓へ振り返る。
 前方だ。
 荒野を切り裂き伸び続けていたハイウェイは、そこでプツリと途切れていた。
 その先に忽然と、街は姿を現す。
 ラスベガスだ。
 機体が少しばかり高度を下げたようだった。
 瞬間、大きく傾いで右旋回。
 四方、およそ四十キロある街を上空から眺めつつ、シコルスキーはマッキャラン空港へ向かい着陸態勢に入ってゆく。


 空港よりさらに五キロ。「メイヤード」は、ラスベガスのメインストリート、ブルーバードストリートに面して建てられたリゾートホテルだ。臨時オフィスはその三十二階、スイートルームを借り切って設置されていた。
 日本を発ってから半日あまり。静かすぎる「メイヤード」の廊下を誰とすれ違うことなく歩き、やがて突き当りのドアを百合草はノックする。しばらくの沈黙が続いたのち、開いた隙間に赤い色はのぞいていた。
「お疲れ様でした」
 曽我だ。同時に覚える安心感はもう、条件反射というほかないだろう。
 曽我はそれぞれを中へ促し、足を踏み入れた誰もはこれより二日間、ここがオフィスになることをその身へすり込むように見回してゆく。
 もちろんスイートと聞かされていたのだから、最初、そこに豪華な部屋を想像しなかったわけではない。だが期待に反して室内はもう、運び込まれた機材にスイートの欠片ものぞめぬ場所へ様変わりしていた。
 部屋と部屋をつないで床をコードがのたうち回っている。辿れば各部屋にはグレーのスチールデスクは並べ置かれ、上に通信機材を山と乗せて島を形成していた。オペレーターはそれら島ごとに展開すると、今もなお機材のセッティングを続ける現地スタッフもろとも、自らのテリトリー確保にいそしんでいる。
「各端末、地元警察、消防、連邦局、管制とシコルスキー、当日、放送局各チャンネル、各所通信を始め、必要なものは全て集まっています」
 百合草へ通り一遍を伝える曽我の声が、慌ただしい部屋の雑音に紛れて聞こえてくる。
 運び込まれた機材のおかげでリビング中央にあっただろうソファは、暖炉を塞ぐように置かれていた。聞きながら百合草はそちらへ足を繰り出し、口を開く。
「連邦は?」
「現在、空港と主幹道路から不審者のチェックを展開中。SO WHAT とは別件ですが、その際、四州で手配中の容疑者を拘束したそうです」
 伝えて曽我は、すかさず微笑んでみせた。
「当日はレッドカーペット中心に半径三キロの不審者、危険物検知を担当。有事にかかわらず交通規制、ボディーチェックにかかる地元警察と連携を取る予定です」
 引き締めなおし、残りを吐き出す。
 なら百合草はついた深いため息と共に、どっかとソファへ腰を下ろした。
「中は我々のみか。何かあれば全てこちらのミスというシナリオに、変更はなしだな」
 言う声は小さい。だが誰もの耳へ確かに届くと、それぞれの視線を宙で絡ませた。
 断ち切ったハートが、ブルーバードストリート、通称ストリップに面した窓のカーテンをかき分ける。そうっと眼下をのぞきこんだなら、息苦しさを覚えた百々もそこへ並んで目をやっていた。
 高さが街を、広げた地図に変えている。だからして通りを挟んだ斜め向かいだ。巨大な噴水を真正面に据え置いたホテル「ハリウッドプラネット」がよく見えた。その隣には、シアター「ベガスビッグビューイング」が建っているのも確認できる。急遽変更されたアカデミー賞授賞式会場はいわずもがな、その「ベガスビッグビューイング」で、急ピッチで進められている式典準備の様子も、レッドカーペットが敷かれる予定にある噴水前の立ち入り禁止区域に、横付けされた資材運搬のトラックさえもが事細かと確認できた。さらには「ベガスビッグビューイング」の通用口付近に、不審者侵入を警戒すべくかつての「20世紀CINEMA」さながら係員の立つ姿も確認できる。そこからほどなく離れた位置には、明らかに警察か連邦関係の覆面車らしき黒塗りのバンもまた、等間隔を置き停車しているのがうかがえた。
 何ひとつ知ることなく観光客は周囲を行きかっている。
 マッキャラン空港からのシャトルバスもまた、ゆうとホテルへ潜り込んでいった。
「あれ、だよね」
 確かめる声は自然、低くならざるを得ない。
 ハートはただ、そんな百々へうなずき返す。
 と、それは百合草の声だった。
「ギャンブルの街が舞台なら、うってつけの一仕事だ」
 通る響きに部屋のあちこちで誰もが振り返りる。
 ソファのヒジ掛けへ上体を預け足を組んだ百合草は、それら視線を跳ね返さんばかり正面を見据えていた。
「なら明日、我々が興ずるギャンブルの最終確認を、ここですませておく」


 カメラリハーサルを含めた会場全ての準備が終了するのは、明日の正午だ。
 周囲の交通規制はその二時間後、十四時より始められると、あわせて地元警察が指定範囲内へ立ち入る人間の身元確認とボディーチェック、所持品の検査は開始される。一方、蜂起の事実を知る連邦局は、そうした流れの中から独自の情報を元に危険人物の抽出を行い、有事に陥った場合の「ベガスビッグビューイング」外周指揮に備え、状況掌握を続ける予定になっていた。
 ボディーチェック等をクリアしたプレス陣が沿道を埋め尽くすのは、十六時半。
 同時刻にレッドカーペット、解禁。
 以降、指定範囲内への一般の立ち入りは不可となり、ストリップの南北およそ五百メートルはシャットアウトされる。警備はいうまでもなく、地元警察と連邦局の担当だった。
 守られて有名監督や女優俳優は続々と現れ、黄色い歓声もひとしきり上がり終えたろう十八時ちょうど。式典はテレビ中継と共に始まる。
 放送は三時間。
 何事もなければ蜂起の事実は伏せられたまま全く逆の点順を踏んで警備態勢は解かれ、セレブたちはそれぞれの結果を手に散り散りと会場を離れる、というのが全体の流れだった。
 その中、セクションCTが担当するのは会場内部の安全確保であり、具体的に言うなら会場設置終了までの警備に、終了後、セレブ入場までの時間を利用した不審物の最終チェック、さらに式典が始まってからの式典会場、バックヤード、舞台袖等に分散した警護だ。
 会場内には毎年しかれる警備体制を踏襲し、今年も通常の警備員たちが詰めていると言う。ゆえに、かいくぐってまで忍び込む輩が現れる可能性は相当に低い、と百合草は語っていた。しかしながら現れたときは確実に本懐を成し遂げるだろう強者であることが予想され、蜂起阻止は極めて困難だろう、ともつけ加える。だからこそ百合草はこうも全員へ、言い含めていた。
 そうした相手からセレブたちを守れ、と。
 確かに蜂起は一堂に会した娯楽の提供者、作り手たちへの粛清を抜きには成しえない。一言はおかげで誰もを、正体不明の何某を警戒する闇雲さから解放し、より具体的となった目標設定に士気さえ高まっていた。
 百々もまた思い出した「20世紀CINEMA」の舞台挨拶に、スタンリー・ブラック監督を、その作品を守るのだと心に強く誓う。
 後にとられたインターバルは一時間だった。
 あいだ届けられた荷物は臨時オフィスの片隅へ放り込まれ、時間ちょうどに連邦局と地元警察、双方の責任者と簡単な顔合わせは行われる。引き連れられる格好で「ベガスビッグビューイング」へ向かい、会場内警備の責任者へセレブ私用のシークレットサービスだと紹介されていた。
 経て、端末内の地図や警備員の説明を参照しつつ、平面図でしか確認していなかった施設の構造と距離感覚を頭へ詰め込む作業は始まる。
 そんな建物は三スクリーン所有の平屋建てだった。カジノがメインゆえ規模はそれほど大きくなく、メインロビーから左右シアターへ別れる構造など「20世紀CINEMA」とどこか似ていて妙に馴染み深い。
 見回しながら手分けすると、不審物のチェックを進めた。
 それらチェックが終了し、ほとほと静まり返った明け方、始まったのが外周、バックヤード、式典会場内部を巡回する二十四時間態勢の警備だった。そして百々が、テロリストにもまして手ごわい「睡魔」という魔物がそこに潜んでいることを知ったのも、まさにその頃だった。


 ついぞ立ったまま眠りそうになって、踏みとどまる。
「っと、危なふ」
 現在時刻は、午前四時半。日本を経ってからおよそ二日が経っている。あいだ、移動と打ち合わせが立て込んだせいで満足な睡眠は取れず、目の前で照明や音響のド派手なリハーサルが行われようとも、ここが天下のアカデミー賞受賞式会場であろうとも、迫る蜂起に対する緊張さえも、今の百々にはなんら効果を発揮していなかった。
 もちろん仮眠には向かいの「メイヤード」、下層階の部屋が押さえてある。だが全員が一度に取れるはずもない休憩をレフは一番最後でいい、と言い、レフから離れるわけにはゆかない百々のそれも、そこで同じと決定していた。
 しこうして巨大な船はまたもや、眠りの海へ漕ぎ出しかける。全力で百々はその船出を押し止めた。
「らめら、限界がきてふ」
 掴んだ頬をこれもかと引っ張っり伸ばせば、マヌケ面に磨きはかかる。
「今晩には終わる」
 返すレフは傍らで仁王立ちを決め込むと、欠伸ひとつかみ殺す様子をみせず、 いつもの目つきで式典会場内を見回していた。踏み変えた足で、さらに隅々へ視線を這わせてさえいる。
「ふぇ? なふか、言った?」
 間でさえ、百々は船をこぎかけ我を取り戻していた。
 そんな足元は、即席造りの上げ底だ。通常上映で使用されるシアターの座席を覆って上に板は張られると、出来た段差を利用し、舞台と招待客席の間にオーケストラピットさえ用意していた。
 仮眠中のストラヴィンスキーとハナを除いた乙部とハートは今、そんなオーケストラピットに塞がれた通常客席を警備している。
 彼らもまた眠くはないのか。百々はうがり、はしから小春日和の窓際そのもの、心地よく遠のいてゆく意識にまた仰向けとのけぞった。
「だはっ!」
 意識を取り戻して繰り出すのは、なぜかしら上段のかまえだ。取っている己に悟ることがあるとすれば「もうだめだ」で、思い知ったなら言葉も出る。
「あのら、眠くならないコツ、教えて」
 だとしてレフが振り返ることはない。くまなく会場を見張っていた目だけを動かし、百々をとらえただけだた。そこに刺さるほどの白すらにじませる。
 そう、それこそがハートとの口論以降、馴れ馴れしくすれば食らう視線だった。そして食らうわけもまた、百々には十分、分かっている。
 お前より、百々の方がよく分かっている
 ハートの投げた言葉がとにもかくにも、まずかった。百々でさえ気づくその言い回しは、裏で何をコソコソ話していたのか、とレフへ疑念を抱かせたに違いなかった。
 おかげで会話は途切れ、ぎこちなさは満ちてゆく。やりづらさはここでも百々を閉口させ、いっそのことはっきり問いただしてくれればいいのに、とさえ胸の内で罵った。だが百々の口添えがあっての、この場である。レフは問いただして責めるようなマネをせず、向ける白い目で互いの距離を取り続ける。居心地の悪さをまた増させていた。
 と、音楽が大音量で鳴り響く。白く弾けて照明が、薄暗い会場内をなめて右へ左へ暴れ回った。
「慣れだ。本土にいた頃なら、一週間程度の不眠不休ならよくあった」
 ずいぶん遅れてレフが答えてみせる。照明に細めた目で、それきり行き交うスタッフをくまなく見回していった。
 なるほど。本土と言えば消防士の頃だ。なら、うかうか寝ていれば自分だって燃えかねないはずで、聞いてそうか、と百々はひとりごちた。
「ひと月だって燃える火事だもんね」
 言う。
 とたんピタリと、レフの目が動きを止めていた。
 やがてゆっくりその目は百々へ、向けなおされてゆく。
「どういうことだ?」
 至って静かに問いかけた。
 だからして百々もその時、どういうことはどういうことだろう、とくらいに考える。 そうしてはっ、と気づかされていた。何しろ「その話」は、レフの口から聞いていない。だというのに「火事」などと、しくじっていた。とたん、あれほど持て余していたはずの眠気が体からじゅう、と蒸発してゆく。全身の穴という穴が縮んで、百々はその場で干上がった。
「ど、どういう、ことって?」
「火事だ」
 ピンポイントで繰り返すレフには、曖昧などと許されない。
「え、えと? あと、え、え、ええ。言ってなかったっけ? しょ、消防士だったって?」
 精一杯とぼけてみるが、それ以上、高速回転しているのはレフの頭の方で間違いなかった。
「俺は言っていない。店か? そこで聞いたということか」
「だっ、だったっけ? う、あ? その、なんだろ?」
 などと場所を明かしたのはドアを塞いでハートと対峙した時だけだ。よく覚えているものだと百々は思わず感心する。いやそんな所に心を砕いている場合ではない、と気を取り直した。だが続かぬ言葉が示すように、果たしてレフは自らの経歴だけについてを「聞いたのか」と問うているのか、抜きに語れぬあの出来事もまた「聞いたのか」と確かめているのか、さっぱりわからなくなっていた。
「お、お店でおごってもらったんだよね」
 これでも誤魔化したつもりである。
「な、何も聞いていないよ」
 浴びせられ続けるレフの視線に負け、小学生以下の弁解を繰り出していた。
 おかげで決着はつく。
 追及の手は緩められ、入れ替りとレフの頬に侮蔑の色は広がっていった。
 見せつけられて百々はただ、肝をつぶしす。
 とどめに違いない。そんな百々へ向かってレフの口は開いていった。
「お疲れ様です!」
 が、遮り飛び込んできたのは、別の声だ。
「交代に来ました」
 分厚い防音扉の前、仮眠を終えたストラヴンスキーが、あっけらかんと手を振っていた。姿にレフは吐き出しかけた言葉をのみ、これ以上のタイミングはもう一生、訪れないだろう、百々は首を突き出し命の恩人へ手を振り返す。
「た、助かりますぅ」
「そんな時間か」
 おっつけハナも姿を現せばレフは吐き、引き継ぎは何事もなかったかのようにすまされていった。その最後は十一時、通用口前集合で締めくくられ、仮眠室のカードキーはハナからレフへ手渡される。
 つまりあとは、同様のモノを頂戴するだけだった。百々もまた、ストラヴィンスキーへここぞとばかり尻尾を振る。
「六時間ほどしかありませんが、百々さんもゆっくり休んでくださいね」
 が、あてがわれたのは有り難くもあり得ぬことに、ねぎらいの言葉だけだった。
「ええと、そのための……、あたしの……、部屋は?……」
 飲込めず、百々は三段階に分けて首を傾げてみる。なら答えて返すストラヴィンスキーの笑みは、いつも通りが残酷だった。
「ああ、百々さん、それならレフと一緒でラッキーですよ。ハートとだったらイビキがうるさくて、眠るどころじゃないですからね。オツさん、大丈夫だったのかな?」
 瞬間、百々は爆音、轟かせ、空の彼方へ一直線と飛び上がる。