case6#
He said "SO WHAT ?!" -8/10







 夢を見る暇はなかった。
 眠りはほんの一拍、手を叩いたかのような間合いで終わりを告げると、鳴りだした端末を握りしめてベッドの中、百々はこれでもかと体を引き伸ばしてゆく。
 数時間後にも式典が始まるのかと思えば、眠いなどとは思えなかった。こすっただけでクリアになる視界同様、意識もまた軽い興奮のままに覚醒してゆく。
 あの後レフが帰ってきたのかどうかを、百々は知らない。ただ隣り合うベッドはカラのままで、水回りのどこにもその姿はなかった。代わりに誰が運び入れたのか、オフィスへ放り込んでいたスーツケースが部屋の隅にあるのを見つける。
 起き抜けの足で近づいてみた。上には、ミックスサンドとアップルジュースの紙パックが置かれている。隣にはシルクか、しなやかな光沢を放つ詰襟の服もまた、ひっかけられていた。そこにはメモも一枚、乗っている。なんだろう、とつまみあげて目を通していた。

DRESS COAD(ドレスコード)

 とたん百々は視線を跳ねあげる。すぐさま服を手に取ると、詰襟の両肩を広げてみた。目の高さにかざせばそれはベトナムの民族衣装、アオザイだ。あしらわれた花や小鳥の刺繍が目に鮮やかだった。下には真っ白なパンツもまたたたみ置かれている。感嘆の声は自ずともれ、百々は早速、パンツも掴み上げる。
 下から、防弾ジョッキは姿を現していた。
 仕方ない。目的が目的だ。夢から覚めて百々は、現状を飲み込む。ひとまずアオザイをベッドに広げた。
 眺めながらパンを平らげる。
 手洗い、洗顔に歯磨きをすませ、スーツケースより引きだしたキャミソールへ着替えた。その上から防弾ジョッキを身に着け、脇を絞ってパンツへ足をとおし、IDと端末をパンツのポケットに落とし込んだ。
 どうもイヤホンの長さには、余分がないらしい。コードを身に沿わせるかたちで耳に掛ける。上からアオザイをかぶって隠し、マイクを詰襟の合わせに噛ませた。仕上げに、これまたパンを平らげながらベッド脇に見つけた、ビーズ刺繍が半ばミラーボール化したバレーシューズへ足をとおす。
 いくらID作成の際、身体特徴込みで事細かと登録したにせよ、用意されていたどれもが不気味なほど身にぴったりだ。加えてノーメイクでは気が引けると、百々は軽く化粧も乗せた。濡らした手で、髪もひとつにまとめる。
 動きやすさに配慮してか、かなりシームレスな防弾ジョッキだったがそれでも着込んだ分だけボディーラインは曖昧だ。そのずん胴ぶりはアオザイを割烹着に変える勢いだったが、馬子にも衣装。仕上がった己を鏡に映し、なかなかどうして、微笑みかけた。
 視線を、部屋の時計へ持ち上げる。
 そこで針は、十時四十分を指していた。
 少し早いだろうか、と吟味する。いや、ちょうどだとレフへ連絡を取るべく端末をパンツのポケットから抜き出した。
 瞬間、部屋のチャイムは鳴る。
 誰だろう、と恐る恐る引き開けた目にしたのは、呼び出されることを知っていたかのようなレフ本人だった。
「準備は出来たか」
 挨拶もないまま用件だけを切りだす様は、いつもどおりと変わらない。それでいい、と百々も思う。だがあまりに違い過ぎるいでたちは、思わず百々を面食らわせていた。何しろ会場内警備につく者としてドレスコードはお互い様だ。準じて髪にも気持ちクシを通したレフは、黒のタキシードを着こんでいた。
 これが似合い過ぎて、怖い。
 おかげで百々の脳内を、三ケタのコードネームを持つ某国のスパイなんぞは過ってゆく。乗じてテーマソングさえ鳴り始めたなら、急ぎ百々は脳内でジャックごと引き抜きそれを阻止しいていた。
「リハーサルが予定より早く終わる」
「い、今、ちょうど声、かけようと思っていたところ」 
「なら行くぞ。もう全員、現場にいる」
「了解」
 答えた勢いのままだ。
 ノブを握り絞める。
 やおら次にここへ戻った時は、と考えていた。
 まさか、心配するなど早すぎる。
 断ち切り百々は、ドアを閉めた。
 きびすを返したレフの背中を追いかける。
 廊下でエレベータは止まったきりとなっていたらしい。待たずに乗り込むことができた。そうして降りたロビーも式典のせいなのか。昨日にも増して賑やかな声に溢れている。
 見回しつつ出た表通り、ストリップは、一年の七割が晴れだというだけはあって、今日も抜けるような青空に熱っぽい風を吹かせていた。晒され百々は、照りつける強い日差しへ手をかざす。
 交通規制はまだ始まっていないらしい。だが、準備を始める地元警察の姿はつじつじにあり、それら物々しさの中央に堂々、敷き詰められた赤いカーペットの帯は伸びていた。
 横断歩道へ回り込むことなく、レフは挙げた手で車両を制し、小走りとストリップを横断している。遅れまいと真似てまた、百々もそれにならった。
 辿り着いた「ベガスビックビューイング」の正面入口は、昨日までなかった生花に豪勢と飾り付けられると、巨大なオスカー像を並べている。一度、そこで求められるがまま、警察へ身分証を提示していた。パラボナアンテナを広げる報道中継車を片手に、裏手へと回り込んでゆく。
 せま苦しい日本と違ってそこには、いざとなれば走りだせるパトカーが数台、停められていた。離れた位置で連邦局と思しき黒塗りのバンとトラックが路肩駐車しているのも、百々は確認する。
 囲われ「ベガスビックビューイング」の通用口は、開け放たれていた。その真横には、身分証のチェックと持ち物検査用の臨時テントが張られている。下を、それぞれの仕事をこなし、会場内警備員に地元警官が忙しく行き交っていた。
 目指す顔をそんなテント傍ら、広げられた長机の前に見つける。同様に見て取ったらしい。腕時計の文字盤へ視線を落としたレフの歩調は、そこで速くなっていた。
「遅くなった」
 黒づくめの背へ声をかける。
「大丈夫だ。ハナがまだ、リハーサルに立ち会っている」
 ハートが振り返っていた。一足遅れで百々もその輪に加わる。
「遅れてすみません」
 とたん笑みは浮かんだ。
「あは、袖がある」
 当然ながらハートもまたタキシード姿だ。
「ええい、これだと動きにくくて仕事にならん」
 悶える様は、慣れぬ首輪をつけられた犬のように見えてならない。
 と、通用口からハナがもどってきていた。
「リハーサル、終わったわ。異常なしよ。今、スタッフの撤収も完了した」
 その姿は百々と同じアオザイだ。しかしながら出るところは出て、引っ込むところは引っ込んでいるのだから何かが違った。つまり神様はいつもそうやって不公平で人を試すのなら、と百々は素直にかっこいいと見て取る。そんなハナへと小さく振った手で合図を送った。
「乙部さんは?」
 全員そろっている、と聞かされていたはずである。なら一言、二言、ハートへ申し送りをすませたハナに、上空待機、と教えられていた。なるほど、それが得意分野なら、乙部はいつも別行動である。何より、表れた何某に懲りず空から逃亡されたり、よもや空から現れるなどと怪盗ぶりを発揮されては、たまったものではないだろう。
 ならその人物は、納得した百々の目にふい、と飛び込んでくる。つまりこれこそ役得だった。名前こそ知らないが、礼服姿の人物はいずかたの貴公子か俳優か。スラリとした立ち姿に涼しげな目元で、テント下の警備員と談笑を交している。ついぞ見とれかけて百々は我に返り、あんなところに俳優さんがいるよ、とレフを突っつき知らせていた。
 だというのに振り返ったレフは、こう返す。
「何を言っている。あれはストラヴィンスキーだろう」
「おい、ストラヴィンスキー、始めるぞ!」
 おっつけハートも呼び止めたなら、振り返った涼しげな目元の貴公子は、確かに百々へと手を振り上げていた。
「あ、百々さん。おはようございます」
 瞬間、百々のアゴは抜けて落ちる。
「うそ、ら」
 受け止められたのはもう、奇跡だ。
「そ、外田さんっ、めっ、眼鏡はっ?」
 どうにか所定位置へはめ込みなおし、聞いていた。
「あ、恰好がこれなんで不釣り合いかなと、今日はコンタクトレンズにしてみました」
 教えて投げる笑みは、確かにいつも通りだ。だが今日は分厚いレンズがないせいで、隠れていた瞳がキラキラと、もうこれが相当に眩しい。
「あ、でもご心配なく。空気が乾燥してますので、落とした時のためにちゃんと眼鏡も持ってきてますから」
 知る由もなく、内ポケットから眼鏡ケースをのぞかせた。だとして知ったことではない。百々はこれでもか、とその顔へ眉を寄せる。
「つまりそれって、変装用、ですよねっ?」
「は、はい?」
 などとかみ合わなくなりつつある会話を呼び止めたのは、ハートだ。確かに今、重要なのは、そんなこんなでめかしこんだ互いの姿ではない。
 やがて端末無線の全チャンネルチェックは乙部を含め始められ、施設内の警備区分に誤認がないかを再度、詰めなおした。外周も含めた警備のタイムテーブルをソラで確認し合った後ち、放棄後の対処手順を数パターン、外周警備との折り合いを兼ね、なぞる。そのどれもが資料と共にくどいほど目を通したものなら、百々にも十分理解できる全体像は、より鮮明と誰もの中へ刻み込まれていった。
「現在、蜂起についての情報は、まだどこからも上がってきてはいない。空港、モノレール、四方高速道路、各遊興施設、市内配備ポイント、全てにおいて異常なしだ」
 イヤホン越しに百合草が告げていた。
「渡会には、蜂起会場はアカデミー授賞式かと話を持ちかけることで、リーダーの様子をうかがうよう願い出てたが、反応すら得られていないという報告を受けている。ただし」
 付け加えたその先に、誰もの視線は一点を見つめたきりで動きを止めていた。
「渡会は個人的見解だ、と付け加えたうえで、黙りすぎるも雄弁な語りの一部だと言っている。最も話せない内容がその辺りにあるんだろう、というのが彼の勘らしい。あと、これが終われば家族サービスをねだられているので、よろしく頼んだとも伝言を預かってきている」
 などと、意味するところは大きかった。
「いうまでもないが、これは他国にも生中継されるプログラムだ。中でも最も危険が予測されるのは、視聴率が最高となる作品賞受賞の瞬間である。それで事実を隠しとおせるとは思わないが、最悪の場合、チャンネルはこちらで切り替えることのできる準備があることを忘れるな。そのためにも勝手な行動は各自、慎むよう強く言っておく」
 同時に、ハートの目がチラリ、レフを盗み見る。ままにその目を百々へと裏返した。気づいて百々は自分でもらしくないと思えるほど自然にウインクを返す。ハートもそれに、わずかながら持ち上げた上唇で返してくれていた。
「これより施設内、最終チェックに入る。式典スタッフ再入場は十四時。不審物が発見されたとしても処理を含めて行動は、招待客到着の十六時三十分までが鉄則だ。招待客の安全を確保。式典を無事終了させろ。以上」
 瞬間、宙で全員の視線はかみ合った。
 すかさずテント下の警備員が中へ案内すべく、駆け寄ってくる。
 しばらくは出ない。そして出るときは全てが終わった後だ、と百々は強く意識していた。
 ままに「ベガスビッグミューイング」へ、足を踏み入れる。
 広がるバックヤードは、冷たげなリノリウムを敷き詰めていた。大型宣材も運び入れられるようにだろう。その幅はバックヤードとは思えないほどもある。向かって左手には倉庫や事務室、従業員用の手洗いが並んでいた。右手側には式典会場となるシアターの壁面が連なっている。
 ラスベガスという土地柄だろう。多発する舞台挨拶用に、スクリーン脇、専用扉が一枚、取り付けられているのが見えた。開かれたままで固定されたその向こうには、底上げされた舞台へ続くスチール製の階段ものぞいている。
 ストラヴィンスキーとハートは警備員数名と共に専用扉から、階段をのぼらず式典会場舞台下へと消えていった。レフとハナ、そして百々は残る警備員たちに引き連れられる恰好で、さらに通路をまっすぐ奥へ進む。突き当りで、一枚の鉄扉を潜り抜けた。
 急に辺りが曲線美も重厚なアールデコに様変わりしたのは、ゲストエリアへ出たせいだ。変わらず右手側にはシアターの壁面があり、そこに防音扉は三つ並んでいた。だが現在、解放は制限されると百々の背丈以上もあるオスカー像のレプリカによって塞がれており、最後尾の扉だけが開かれている。敷かれたレッドカーペットはその中へ吸い込まれており、なぞって外へ向けた視線の先に、劇場エントランスは堂々、広がった。
 「20世紀CINEMA」とまた違った意味でレトロがモダンな造りだ、と眺めて百々は思う。カーペットはその中を、正面奥のチケットカウンターに沿って伸び、九十度、曲がって表へ向かい連なっていた。挟んで両側に立てられたオスカー像の見下ろす様が、まるでエジプトのファラオか何かを連想させる。人気がなければなおさら、百々にはそんな気がしてならなかった。
 オーケストラピットを含む舞台下の暗がりを捜索したハートたちは、バックヤードを点検後、封鎖されている残り二シアターの片側をチェックする段取りになっている。一方で百々たちはエントランスと式典会場内を洗い、封鎖された残り一方のシアターを確認する手はずになっていた。
 この敷地面積を考えたなら、時間は短いように思えてならない。だが手を抜くことは許されず、置かれた物陰の陰を探り、電源、空調、水回り、アクシデントにつながりそうなすべてへ万全を期して手を入れていった。
 集中するほどに時間はあっという間と過ぎ去り、十四時をさかいにオフィスから、表で交通規制が開始されたと告げられる。同時に施設内の明かりも常灯へ切り替えられると、追い出されていたテレビクルーが本番に備えた礼服姿で再入場を始めた。
 そんな彼らに追い立てられるようにして終了した施設内の最終チェックは、オールクリアだ。持ち込まれ、何かしらコトが起こるとするなら、以降ここへ足を踏み入れた何某によるものだとターゲットは絞られる。
 やがて十五時。百々とレフだけを対にして、それぞれは式典会場内、その前方の舞台そで、通用口バックヤード、エントランスへと警備に散開していった。
 もちろんまだ式典は始まっておらず、視聴率のピークすら程遠い時刻である。だがすでにその時、百々の緊張は頂点に達すると、解けることなく十六時を迎えていた。
 さかいに百々とレフは、バックヤードの警備からエントランスのそれへ、ハナと交代をすませる。荘厳なオスカー像の足元に立った。
 そんな百々の耳に、ストリップの騒がしさは聞こえだす。プレスらしい。セキュリティーをパスすると、少しでも良い場所を陣取るべく奮闘する声だった。だが外周警備から警戒すべく情報は、いまだなにひとつ上がってこない。ただ、大きすぎる刃物を持ち歩いていた何某が地元警察につまみ出され、所持していた覚せい剤が発見され、世間は一ミリばかりクリーンになったらしいとだけ聞かされるに留まる。
 これ以上なにも起こらず、だというのに突然、何者かが襲いかかってきたなら驚きのあまり卒倒してしまうのではないか。百々は己に不安を覚えた。なおさら緊張は増すと、強張る体を持て余す。
「そんなに緊張するな」
 と、かけられた声は、数時間ぶりに聞くレフの私語だ。ゆえに驚かされて百々は、レフへ顔を上げる。
伝染(ウツ)る」
 しめくられて、病原菌扱いにつんのめった。そら、上半身に余分な重みがかかっているせいだ。踏みとどまるのも一仕事である。
「じゃ、離れてます」
 事実にはしょげるしかなく、背を向けた。
 瞬間、レフの手は襟元のマイクを握りしめる。振り返りざま言い放つ口調は、思いがけず早いものだった。
「お前の励まし方は分かりづらい。だかが緊張は分かりやすい。いいか、体が固まれば咄嗟の動作は不利になる。放ってゆけないなら、いざという時に俺が困る。おれはハートに殴られるつもりも、ない」
 それきりレフは握っていたマイクから手を離す。何事もなかったように正面へと向きなおった。
 言い分に、しばし阿呆と百々が口を開いていたことは言うまでもない。そうしてようやく、自分こそわかりづらいじゃないか、と胸の内で吐いた。余裕がないのはお前も同じだ。そういうことらしい。つまりちゃんと伝わってたんだ。百々は今朝の奮闘を思い起こす。様子に少しばかり、ほっとしていた。
 だからして、踏み出しかけていた足を引き戻すことにする。とにかくリラックスするための手を探し、辺りを見回した。だが状況は枕投げどころか、口笛ひとつ吹けそうもないフォーマルさだ。諦めるか。思い過ったところで、「あ」と息をのんだ。だがそれこそ独りでは出来そうもない。ゆえにチラリ、レフを見た。おっつけ、思い切って体ごと向きなおる。
「じゃ、しりとり、お願いしますっ」
 そのさい下げる頭は、ごっつぁんです、が相当だ。
「つき合わせるな」
 早い。返事が早すぎる。だとして百々も負けてはおれない。無謀だろうと最初の一語をレフへ投げた。
「しらすっ!」
 聞いていなかったのか、と奥歯を噛んだレフのこめかみがいっとき、くぼむ。やがてそれは絞り出されていた。
「……スジコ」
 ロシア人なら、イクラじゃん。しらすから始める変化球もどうかと思うが、つっこみかけて「やめなさい」と曽我に叱られていた。謝れば、自然、失笑はもれる。おかげでわずかながらも体が軽くなったような気持ちになり、「日本酒でつまみたいですね」などとストラヴィンスキーに付け足されていた。つまり、これは自分だけの問題ではなかったのかもと、感じてみる。
 そうして訪れた十六時三十分。
 「ベガスビッグビューイング」の正面扉は開かれる。
 待っていたように「ハリウッドプラネット」噴水前へリムジンは次から次へと到着し、中からなうての俳優にスタッフ陣は堂々、姿を現した。
 ついに始まる。
 いやもう、始まっていた。
 ならば来る者は拒まず、そして来たからには必ず制する。
 誰もの胸に思いは過る。