仕上げ(ヘッダー、ページを入れる)




うお、しゃぁぁぁあッ!
書いた。
書きまくった。
今のオレにはこれ以上、無理だ。
むしろ限界突破したくらいやり尽くしたぜ。

というところまで仕上がり感が極まったところで、
ついに印刷への前準備にかかります。

ホントを言うと軽く下読みしてくれる第三者がいれば、ここでさらに完成度は増すのだろうけど、いないので数日、寝かして頭をまっさらに戻してから読んでの手直しを繰り返し、最終的にNRは自己満足で完遂しました。
おられる方は是非ともダブルチェックを!

さて、中とじ本だと最大で1冊に必要な紙は、ホッチキスの限界の10枚。
まだ扱いやすい。
しかし今回、平とじは1冊およそ80枚。
初心者にはオニの枚数。
ということで印刷後、

1)とんだアクシデントにも対応できるよう(まずココ)、
2)読者の皆さんにも親切に、
3)そして本屋に並んでいる本により近づけるため、

★『ページ数』を入れました。
 (中表紙や目次、奥付に小見出しのページはつけないよ)

この時、小見出しのページが奇数の位置にきていることを確認。
中とじの場合さらに、総数が4の倍数であることを確認。

★また複数の小見出しからなる作品は、『小見出しをヘッダーへ記載』しました。

さてお立合い。
当たり前だけど全ページ、同じ方向に入れてはいけません。
模擬として作った平とじ本へ、間違えて入れたNRだからこそ言います。
ひらいてびっくりあっちょんぷりけー、にならないために、
見開きで左右の端に来るように入れます。ふつーは。
この全ての穴に落ちる、あんぽんたんめ。
ということで、

奇数ページは 『右』
偶数ページは 『左』

に来るよう配置。
面倒な場合はいずれも『中央』を設定すればいいけれど、乱丁防止の一環とし、まず見た目でぱっと間違いが分かるようこの配置にしました。

次に、本文の位置をば調整。
中とじの場合、薄いのでさほど気にならなかったものの、厚みの出る平とじの場合、開いたとき中央、とじてあるところは紙面がたわむため、ここに文字があるとぐっ、と開いて読まなければならず読みにくい。
本も傷みやすい。(素人手作りなので作った本人がヒヤヒヤする)
なので文章全体を外側、ページ数を配置した方へ移動させます。

この移動分の幅を『ノド』というらしいです。
反対側、ペラペラめくる方を『小口』というらしいです。

分厚さにもよるけれど、先人の記述を見たり印刷屋さんの発注仕様を読んだりする限り、ノドは5ミリ程度が基準となっている様子。
行数を変えず取れる左右余白のギリギリ、

ノド余白 17ミリ+6ミリ
小口余白 17ミリー1ミリ

に設定。

ふははは、ようやく形に!
深夜の作業なら、もれなく不敵な笑いを放って
また次回。



★★
ページ数入力
ヘッダーへ小見出し入力
ノド側余白 23ミリ
小口側余白 16ミリ